手話と算数【おかいもの】

青色の買い物かご 算数:学びのナビゲーター
       

さんかくすと文がえます

Kさん
Kさん

こんにちは〜!手話と算数[手話へのとびら]では、数字などを学びましたね。

今回(こんかい)は、買い物の場面(ばめん)で使える手話(しゅわ)をテーマとして、紹介(しょうかい)したいと思います!(ちょっと算数(さんすう)から脱線(だっせん)…!?)

はじめに

このような場面(ばめん)最近(さいきん)、よくありませんか?

スーパーのレジで会計をする様子。お客さんも店員さんもマスクをしていて、ふたりの間には、ビニールのカーテンが貼られている。

(みせ)でおかいものをしているとき…

店員さん
店員さん

レジ(ぶくろ)は…ですが、いりますか?

会計(かいけい)は、〇〇(えん)です。

Kさん
Kさん

ん…?

(なんて言っているのかな…。)

透明(とうめい)のカーテンが町中(まちじゅう)()られていて、みんなマスクをしていますね。(こえ)がこもって聞こえたり、お(たが)いに発声(はっせい)(ひか)えていると、「意思疎通(いしそつう)がうまくいかないな」と(かん)じたことは、ありませんか?そんなとき、双方(そうほう)手話(しゅわ)使(つか)えば、(すこ)しはなれていても、(つう)じることがあります。コミュニケーションは、声だけではありません。手話(しゅわ)やジェスチャー、表情(ひょうじょう)のやりとりで、()(もの)(たの)しくなるかもしれません。人と距離(きょり)があって会話(かいわ)をしづらくなってしまっている(いま)こそ、手話(しゅわ)(おぼ)えてみませんか?

はなれていても会話(かいわ)ができる「手話(しゅわ)

真似(まね)してみよう

声あり
『手話で応対しよう』② 買物編 前編

釧路市手話動画です。

お店の人が使える手話表現は、

  1. 「いらっしゃいませ」
  2. 「あたためますか?」
  3. 「お待たせしました。」
  4. 「ストローはお付けしますか?」「箸はお付けしますか?」
  5. 「何かお探しですか?」
  6. 「申し訳ございません。」
  7. 「売り切れです。」
  8. 「ポイントカードは、お持ちですか(ありますか)?」
  9. 「お会計は〇〇円です。」「お釣りは〇〇円です。」

数字の表現が、10:12から始まります。

12:38から、「レシート(領収書)は必要ですか?」、そして「ありがとうございました」「またお越しください」と続きます。みなさんも真似してみてください!

お客さんは、どのような表現を使うことができるでしょうか。実践してみましょう!

使ってみよう

実際に、どのように買い物の場面で、手話をするのでしょうか。動画を見てみましょう。

声あり (一部)

『手話で応対しよう』② 買物編 後編

釧路市手話動画です。

コンビニ等でお買い物をするときに、使うことができそうな手話表現です。

店員さんに「ありがとう」

M先生が、言葉でつなぐ、つながっていく①ーなぜそう”あいさつ”するの?のなかで、「ありがとう」の手話を紹介しています。

Kさん
Kさん

「ありがとう」の気持ちを忘れずに生活したいですね。

タイトルとURLをコピーしました