スポーツを楽しもう第2部

ひまわり畑のイラスト 算数:学びのナビゲーター

さんかくすと文がえます

第1部は楽しんでいただけましたでしょうか。みなさんよりもちょっとだけ大人の大学生が身近に感じられるかなと思いました。第2部でも引き続き大学生のみなさんにお集まりいただきました。今回は、球技を中心に特集します。

バスケットボール

数学科すうがくかのWさんに、バスケと数学すうがくのお話のたねをもらいました。

Kさん
Kさん

Wさんは、バスケやっているよね!

バスケと数学に関係があるな〜と感じたことはある?

Wさん
Wさん

角度かな〜!

ボールと地面の入射角にゅうしゃかくと同じ反射角はんしゃかくね返るんだよ。(数学というより、物理ぶつりかな。)

Kさん
Kさん

えーそうなんだ!

「バスケ 数学」と、検索けんさくしてみました。バスケには、数学的要素ようそがたっぷりのようです。

バスケが大好きな方・もっともっと数学を感じたい方へ
TED Talksのバスケットボールの激しい動きの背後にある数学を見てみてください。音声は英語ですが、日本語(自分に合った言語)の字幕じまくをつけることができます。また、トランスクリプトも表示ひょうじすることができます。漢字かんじが多く、内容の理解りかいは少しむずかしいかもしれませんが、バスケに「位置」「角度」「タイミング」「速度」といった数学的な要素が含まれることがわかる動画です。

バレーボール

高校時代はバレーボール部に所属しょぞくしていた、数学科のFさんにも角度のお話をもらいました。

聞いてみたところ、バレーの専門用語せんもんようごがいくつか登場したので、先に解説をしますね。

スパイク:味方のトスなどで上げられたボールを、ジャンプして相手コートに強く打ち込むこと。
サーブ:攻撃側こうげきがわから最初の球を打ち込むこと。
レシーブ:相手のサーブやアタックを受けること。
セッター:スパイクのためのトスを上げる役目の選手。
goo辞書より。

Kさん
Kさん

Wさんに、バスケのボールをつく時には、角度が関係すると聞いたのだけど、Fさんはバレーボールやっていたよね!バレーでも、角度が関係することはあるの?

Fさん
Fさん

スパイクもサーブもレシーブするのに入射角と反射角があってスピードを吸収きゅうしゅうするとか難しいことをのぞいてセッターにボールを返すためにセッターの方に面をかまえてうでを真っ直ぐにするということかなー
よく、板のように腕を構えるって言われたよ。

Kさん
Kさん

それは何でだろう…?

Fさん
Fさん

少しでも段差だんさとかずれがあったら角度がずれてしまうからかな。

Kさん
Kさん

自分、本当にバレーが苦手なのだけど、ボールが変なところ行ってしまっていた…。Fさんの話を聞くと、腕の向きがおかしかったのかなと思ったよ。

Fさん
Fさん

そうね。たとえば、上にしかボールが飛ばない人もいるけど、あれは天井てんじょう水平すいへいに構えているから上に飛んでしまうのだと思うよ。

Kさん
Kさん

どうやら、球技に共通する数学の要素ってあるみたいですね。

Wさん、Fさん、これまで登場してくださったゲストの皆さん、ありがとうございました!
次はサッカーです!

タイトルとURLをコピーしました