耳で聴く本 Kikubon きく本

さんかくすと文がえます

サイト紹介

サイト分類タグ
要登録 一部有料 期間限定なし
おすすめのポイント
SFやミステリ、ファンタジーも豊富(ほうふ)に紹介されています。有料の作品もありますが、作品検索(けんさく)の方法もワクワクする形で紹介されています。
使いやすさのポイント
朗読(ろうどく)そのものは楽しめますが、ホームページに書かれている情報をうまく読み上げてくれるか、少し心配です。
コメント
コンテンツ詳細

 若い世代がワクワクするようなラインナップかもしれません。作品を検索(けんさく)する(さい)も「著者」で検索(けんさく)する以外に、「声優(せいゆう)・ナレーターで探す」、「シリーズで探す」、「アニメ化・漫画(まんが)化・映像(えいぞう)化」、「文学賞受賞(じゅしょう)作品」など楽しく探すことができるような工夫がたくさんあります。それ以外にも「ジャンル」や「再生時間」から選ぶことができるようになっています。

 ジャンルのラインナップも特徴(とくちょう)的。「SF(サイエンス・フィクション)」、「推理(すいり)・ミステリ・サスペンス・ホラー」、「冒険(ぼうけん)・ファンタジー」、「歴史・時代小説」、「青春(せいしゅん)・恋愛」、「ヒューマンドラマ」、「短編(たんぺん)小説」、「文学・詩歌(しいか)」、「浪曲(ろうきょく)」、「哲学(てつがく)・思想」、「大人も子どもも楽しめる」、「エンターテインメント」、「ヒーリング」、「ラジオ・インタビュー」など豊富(ほうふ)。再生時間は短いものだと30分以内、長いものだと5時間以上あるようです。(長い作品もその作品の中で細かくチャプターに分かれていて、各チャプターの再生時間を確認することができます)

 作品を選択(せんたく)すると作品の紹介も丁寧(ていねい)にされています。内容紹介のほかに、著者(ちょしゃ)情報、朗読(ろうどく)者情報も豊富(ほうふ)です。

 作品を聴くためにはまず会員登録(とうろく)が必要です。会員登録(とうろく)はfacebookやtwitter、LINEを使っていると少し楽に登録(とうろく)することができるようです。ただし、スマートフォンやタブレットで使う場合、アプリをダウンロードする必要がありますが、そこでも再度ログインする必要があります。ログインの(さい)に必要になるのは、パソコンのホームページ上で会員登録(とうろく)したときに使ったメールアドレスとパスワードです。作品はパソコン上でも聴くことができますが、スマートフォンやタブレットでもアプリをダウンロードすることで聴くことができるようになります。ただし、スマートフォンやタブレットは再生専用で、本を選んだり購入(こうにゅう)することはできません。

インクルージョンに関する詳細
ホームページを音声読み上げソフトを使うことが少し(むずか)しい可能性があります。読みたい本を探す(さい)、だれかに手伝ってもらう必要がありそうです。朗読(ろうどく)の再生速度などの変更はすることができません。ただし、10秒間隔(かんかく)で前に戻ったり、先に進める機能がついています。タブレットやスマートフォンで朗読(ろうどく)を聴く場合は、再生専用になるので、読みたい本だけ決めてパソコンから購入(こうにゅう)してしまいさえすれば、比較的気軽に朗読(ろうどく)を楽しむことができるかもしれません。ホームページ上の画面は、検索(けんさく)の仕方がたくさん豊富(ほうふ)に用意されていたり、気になるポイントが()りばめられているため、もしかしたら使い方に戸惑(とまど)う人もいるかもしれません。音声読み上げ機能を使う場合は、会員登録やログインは行っていないので操作性がわからないのですが、トップページなどは比較的読みやすいです。
登録や有償に関する特記事項

タイトルとURLをコピーしました