「英語」を学ぶ楽しさについて

       

さんかくすと文がえます

英語えいごのナビゲーターからのメッセージ

なぜ英語を学ぶのでしょうか?
2020年度から、小学校3・4年生は「外国語活動 (がいこくごかつどう)」、小学校5・6年生は「外国語」として、英語を学ぶことになりました。英語とのお付き合いは最短(さいたん)中高の6年でよかったものが、さらに長くなりました(小学校3年生からとすると、なんと10年)。しかもそのうちの8年は、(つね)に英語力がテストされる状況(じょうきょう)にあります。お付き合いが公式(こうしき)に伸びたということは、「英語を勉強しなさい」ということなのでしょう。でも、なんで?

それには、急速(きゅうそく)に進むグローバル化が関係(かんけい)しています。これまで以上に世界との距離(きょり)が近くなって、きっと英語を使う機会(きかい)()えるに違いない。その時に英語がしゃべれるようになっていたい。だから英語を勉強する時期(じき)をもっと早めよう。

なるほど、たしかにグローバル化は進んでいますね。ポケモンも世界のPokémonになりましたし、日本のYouTuberのコメント(らん)も英語で溢れています。でも人気YouTuberになれば、英語字幕(えいごじまく)はファンがつけてくれます。お金があれば、通訳者(つうやくしゃ)を雇って海外でビジネスをすることもできるでしょう。じゃあ、他の(だれ)でもない自分が英語を学ぶ意味(いみ)って何でしょうか?

よくよく学ぶ意味(いみ)を考えてみると、実は結構(けっこう)(むずか)しいかもしれません。でも、この機会(きかい)に考えてみるのもアリなのかなと思います。一度教科書や練習問題から(はな)れて、自分にとっての英語を学ぶ意味を考える時間にする。そこでもしも学ぶ意味を見いだせたなら、あるいは自分なりの意味を考えてみるだけでも、それはきっとものすごい財産(ざいさん)です。英語を学ぶことよりもずっと大事なことです。

このホームページでは、なぜ自分が英語を学ぶのか、考えるヒントをくれるサイトを紹介(しょうかい)させていただいています。「おすすめリンク集」にはそのサイトと、おすすめのポイントやコメントをまとめています。「学びのナビゲーター」には、こういう英語の学び方もあるよ、といった、おすすめサイトの活用法(かつようほう)などを書かせていただきました。インターネットの世界は、限界(げんかい)もあります。でも、現実世界でできないこともたくさんあります。教科書による学びとは違う学び方も、可能(かのう)かもしれません。是非(ぜひ)一度(いちど)ページを(おとず)れてみてください。また違う世界が広がっているかも?

さて、他の(だれ)でもない私が英語を学ぶ意味ですが、(じつ)はまだ考え中です。人には意味を考えろと言って、無責任(むせきにん)ですね。(むずか)しいけれど、英語との(くさ)(えん)四捨五入(ししゃごにゅう)して20年の私にとって、英語を学ぶ意味は、今のところ「他者(たしゃ)を知ることで自分を知る」ことかなあ〜と思っています。英語は人が生み出した言葉であって、そこには文化や思いが反映(はんえい)されます。言葉は生きています。”This is a pen.”ではない、生きた英語に()れて、文化や思い、考え方を学ぶことこそが、違う言語を学ぶ意味なのかな〜と思ったりします。違うことを割りきると、結構楽です。日本語や手話と英語は全く違うので、全然思い通りにいきません。使う文字からして違いますし、日本語のように「あ」と書いて「あ」とだけ読むわけではありません。語順(ごじゅん)にも決まりがあります。でも、違いを受け入れることは、この社会で当たり前であってほしいけれど、実はそうでもありません。違いを知ることこそ、英語を学ぶ醍醐味(だいごみ)なのではないかなと思っています。

英語は決して無機質(むきしつ)な練習問題ではなく、言葉です。だから、その先には人がいます。その人の思いを()み取ること、英語の思考を知ること、そこから違いを知り、自分を知ってみませんか。そして、自分が英語を学ぶ意味について、考えてみませんか。よかったら英語のページを(のぞ)いてみてください。

ところで、中の人ってどんな人??

K原さん
K原さん

大学院生です。英語にひたすら挫折(ざせつ)してきました(今も)。英語との出会いは、”Power Puff Girls”というアメリカのスーパー幼稚園児(ようちえんじ)のアニメです。よく見るアニメは名探偵コナンと、こち亀と、サザエさんです。アニメ万歳(ばんざい)

タイトルとURLをコピーしました