障害のある子どものみなさんへ

       

さんかくすと文がえます

 みなさんの学校(がっこう)は、(なが)らくお(やす)みになってしまいました。
それは、(だれ)のせいでもありません。「新型(しんがた)コロナウィルス」という病気(びょうき)のせいです。

 でも、納得(なっとく)がいっていない(ひと)も、(おお)いと(おも)います。

自分(じぶん)友達(ともだち)先生(せんせい)も、病気(びょうき)(ひと)はいないみたいなのに、なぜ授業(じゅぎょう)(やす)みになってしまったのだろう。」
最初(さいしょ)は、大人(おとな)もみんな会社(かいしゃ)にいっていたし、(いま)(まち)ではお(みせ)もやっているのに、なぜ学校(がっこう)ばかり()められてしまっているのだろう。」
自分(じぶん)進級(しんきゅう)したはずなのに、なぜ学校(がっこう)からは、(まえ)学年(がくねん)のプリントばかりが(おく)られてくるのだろう。」

「もしかして、進級(しんきゅう)入学(にゅうがく)には、それほど意味(いみ)はなかったんだろうか。」
「もしかして、勉強(べんきょう)するということは、最初(さいしょ)にやめてもよかったことだったのだろうか。」
「やっぱり、『(まな)ぶ』ことは、重要(じゅうよう)ではなかったんじゃないか。」

 (じつ)は、一番(いちばん)はじめに、みなさんの学校(がっこう)(やす)みにしてしまったのは、あまり()作戦(さくせん)ではありませんでした。(わたし)たち大人(おとな)も、(はじ)めての病気(びょうき)戸惑(とまど)ってしまって、作戦(さくせん)間違(まちが)えてしまったのです。一度休(いちどやす)みにしてしまうと、なかなかはじめられません。
 (わたし)たちは間違(まちが)っていました。そこは、素直(すなお)にお()びしたいと(おも)います。

 でも(じつ)は、「(まな)ぶ」ことは、ちゃんと意味(いみ)があるのです。みなさんにとっても、社会(しゃかい)にとっても、一番(いちばん)()っていいぐらい、大事(だいじ)なことです。みなさんが意欲(いよく)をもって(まな)(つづ)けることが、(わたし)たちの未来(みらい)にとって、(いま)こそ大事(だいじ)なのです。

 もともとみなさんは、(とく)障害(しょうがい)のある()どもたちは、ずいぶん苦労(くろう)して勉強(べんきょう)してきました。もう勉強(べんきょう)なんてイマイチ、と(おも)っている(ひと)もいるでしょう。勉強以外(べんきょういがい)(たの)しいことがある、と(おも)っている(ひと)(おお)いでしょう。(ぎゃく)に、(あたら)しいことを勉強(べんきょう)したかったのに、そのチャンスがなくなって、(じつ)()()んでいる(ひと)も、たくさんいるでしょう。

 (わたし)たち、津田塾大学(つだじゅくだいがく)「まなキキ(キキ)」プロジェクト(「(まな)びの危機」研究会(ききけんきゅうかい)愛称(あいしょう)です)は、()(さき)(まな)機会(きかい)がなくなってがっかりしたり、やる()をなくしてしまっている(ひと)たちが、手元(てもと)のスマートフォンや、(いえ)のパソコンで、(たの)しくユニークに(まな)べるような情報(じょうほう)を、みなさんに紹介(しょうかい)したいと(おも)っています。どれも、みなさん(がた)先輩(せんぱい)(これから先生(せんせい)をめざしていたり、自分(じぶん)障害(しょうがい)があって大学(だいがく)勉強(べんきょう)している、お(ねえ)さん(がた)です)が、「(まな)びのナビゲーター」として、おすすめしたい「(まな)び」ばかりです。

 「(まな)ぶ」ことは、本当(ほんとう)はとても(たの)しく、ワクワクするものです。「新型(しんがた)コロナウィルス」が流行(りゅうこう)していても、学校(がっこう)(やす)みになっていても、はじまりはしたけれど、クラス別登校(べつとうこう)だったり短縮授業(たんしゅくじゅぎょう)だったりしてなかなかいつもどおりにもどらなくても、「(まな)ぶ」ことのワクワク(かん)は、そしてみなさんが「(まな)ぶ」ことの大事(だいじ)さも、(なに)もかわらないのです。ぜひ、「(まな)びのナビゲーター」のおすすめによって、このサイトに()っている情報(じょうほう)をクリックしてみてください。
 どんな(とき)もどんな場所(ばしょ)でも、みなさんが、「(まな)び」にワクワクし(つづ)けてくれることを(ねが)っています。(わたし)たちもそのために、(すこ)しでもお(やく)にたちたいと(おも)っています。


津田塾大学「まなキキ」プロジェクト
「学びの危機」(Counter Learning Crisis) 研究会

メッセージ

つかってみた感想大募集中! コメントを書き込むをクリックしてね。

津田塾大学インクルーシブ教育支援室をもっと知る
「学びの危機」:Counter Learning Crisis Project -障害のある子どもたちの「学びの灯」のために-
タイトルとURLをコピーしました