言葉でつなぐ、つながっていく① ―なぜそう“あいさつ”するの?

集合している子どもたちのイラスト 国語:学びのナビゲーター

さんかくすと文がえます

いろいろなあいさつ

目次

  • あいさつの語源
  • おはよう
  • こんにちは
  • こんばんは
  • オッス
  • さようなら
  • あばよ
  • グッドバイ
  • ごきげんよう
  • ありがとう
  • かたじけない
  • おかげさま
  • 恩に着る
  • すみません
  • ごめんなさい
  • 面目ない
  • 点字と手話について

あいさつの語源(ごげん)

「あいさつ」。
するのは少しドキドキするけれど、されるとうれしい。
それがあいさつ。

「あいさつ」は漢字にすると「挨拶」となります。
一気に(むずか)しくなりましたね。
でも漢字から「あいさつ」の意味や秘密(ひみつ)をたどれるのではないか…―。

  

M先生
M先生

…ということで、挨拶(あいさつ)語源(ごげん)早速(さっそく)たどってみようではありませんか。

 

まずは挨拶(あいさつ)の「」の字。

おす」「ひらく」「おしのける」という意味があるそうです。
他にも「()しはかる」、「近づく」、「()れる」など。

 

挨拶(あいさつ)の「」の字

せまる」「おしよせる」という意味のある漢字です。
切り込む」という意味も(ふく)まれてくるとか。

  

M先生
M先生

「挨」も「拶」もなかなか、(いきお)いを感じる語です。なんだか意外。

 

そもそも「挨拶(あいさつ)」という言葉の語源(ごげん)禅宗(ぜんしゅう)の考え方があるようです。

 中国の「(そう)」という時代に仏教の禅宗(ぜんしゅう)に関して『碧巌録(へきがんろく)』という本が書かれました。
 その本の中に「一挨一拶(いちあいいつさつ)()深浅(しんせん)を見んと(よう)」という言葉が残されています。

 挨拶は、禅宗で問答を交わして、相手の悟りの深さ浅さを試みることを「一挨一拶(いちあいいつさつ)」と言った‥‥
 師匠(ししょう)弟子(でし)に声をかけるなどし、その弟子(でし)の返答をもって修行の度合いをはかる、ということが行なわれてきた、というのがそもそもの「挨拶(あいさつ)」の意味であり、由来(ゆらい)なのだそうです。

 ここから一般に問答(もんどう)や返答のことば、手紙の往復などを挨拶(あいさつ)と言うようになったといいます。

 

 漢字の意味ともともとの「挨拶(あいさつ)」の言葉の使われ方を考えてみると、
挨拶(あいさつ)」とは声をかけた相手の心にフッと切り込んで、相手の気持ちや元気かどうかなどの状態(じょうたい)をおしはかり、声をかけられた方もその呼びかけにサッと答えて、自分の状態(じょうたい)を示すような…
なんだか緊張感(きんちょうかん)すら覚えるような、そういう言葉の()け合いだったのかもしれません。

猫の魔法使い

 

 挨拶(あいさつ)というのは魔法(まほう)のような言葉で、「こんにちは」などの一言で、少し元気が出たり、緊張(きんちょう)がゆるんだりもします。

 一方で、「おはようございます」とか「こんにちは」と声を出すことは、自分自身の中で気合を入れることにもつながるような気がします。

 

M先生
M先生

 本当に昔のことですが、通っていた中学校で「あいさつ運動」というものがありました。
 なぜか、その活動がしっくりハマっていた私は(田舎(いなか)だったのでできることかもしれませんね)、登下校(とうげこう)でも「こんにちはぁ」とよく挨拶(あいさつ)していました。
 そんなある日、声をかけたおばあさんが挨拶(あいさつ)感激(かんげき)してくれたことがあります。
 ただの「こんにちは」が時に、こんなにも人を喜ばせたり、感動させてしまうことがあるのか…という強い印象(いんしょう)を残した経験です。

 

 初めて顔を合わせる人と「こんにちは」を言いあうだけで、もう「ただの知らない人」ではなくなってしまう…そんな気持ちになれる魔法(まほう)の言葉だなあ、とつくづく思います。

 

 アイヌ語の「こんにちは(イランカラプテ)」は、
あなたの心にそっと()れさせてください」という意味なのだそうですが、挨拶って本当に、相手の心にふっと寄り添って近づくことのできる呪文じゅもんのようだな、と感じます。

 

タイトルとURLをコピーしました