おばけのはなし

提灯お化け、一つ目小僧、お岩さんなど、怪談話や肝試しなどに出てくる、夏のお化けのイラスト 国語:学びのナビゲーター

さんかくすと文がえます

死者ししゃおもいをせる

ちなみに、死者におもいをせる行事は、日本だけで行われているわけではありません。

ハロウィン

10月31日~11月2日の頃にあるイベントです。

最近では、「ゾンビやお化けにコスプレする日」といったイメージが定着してしまっているようですが、もともとは、アイルランドに伝わる「サーウィン」という古代ケルト人のお祭り

ハロウィンのカボチャをかぶって遊んでいる、うさぎのイラストです。

ケルト人にとって、
10月31日は、1年の終わりにあたるそう。

その日、この世に戻ってくる先祖のれい供養くようし、現世げんせ悪霊あくりょうを追い出すための行事でした。

やがて、この文化・風習がアイルランドからキリスト教に伝わり「ハロウィン」と呼ばれるようになります。

サーウィン翌日の「11月1日」は、
キリスト教にとっての大切なお祝いの日
All Hallows Day」=「有名や無名むめいを問わず、すべての聖人せいじんを祝う日」です。

10月31日は、「All Hallows Day」の前夜祭ぜんやさいとして開催かいさいされるので、
前夜祭ぜんやさい」を意味する「Eve」をつけ、「All Hallows Eve」。

これが短縮たんしゅくされて「ハロウィン」として知られるようになった、という説があります。

 

ホウキに乗った、悪そうな顔をした魔女のイラスト

 

ハロウィンのときに仮装かそうをするのは、死者のれいの他にも悪魔あくま魔女まじょたちも現世げんせにやってくると考えられたから

悪霊あくりょうたちから身を守るために悪魔あくま魔女まじょの仲間のふりをするため仮装かそうをしたのが始まりと考えられているそうですよ。

 

 

死者ししゃ

また、メキシコでは『死者の日』があります。

 

映画「リメンバー・ミー」日本版予告
映画「リメンバー・ミー」日本版予告(音声は英語です)

 

死者の日もまた、亡くなった故人こじんを家庭にむかえるためのお祭りです。

楽しく」死者をとむらい、思い出すことを大切にする日だそうで、メキシコの各地のお墓はマリーゴールドなどでデコレーションされます。

 

メキシコの死者の日の祭りのデコレーションとマリーゴールドの花

 

オフレンダと呼ばれる祭壇さいだんが、各家庭やお墓、公共施設、教会、広場など生活に密着みっちゃくした場所にもうけられ赤いケイトウやマリーゴールド、オレンジやレモンなどフルーツであざやかにはなやかにデコレーションされるとか。

そして、死と生まれ変わりの象徴しょうちょうである骸骨がいこつのモチーフや装飾そうしょくであふれかえり、人々も骸骨がいこつのお面をつけたり、メイクをして祝います。

 

有名なスパイ映画「007」の『スペクター』という作品の中でも冒頭ぼうとうシーンを死者の日のお祭りで撮影さつえいしたようです。

死者の日の雰囲気ふんいきが何となくわかるかもしれません。

(当日に撮影さつえいしたわけではなく、死者の日を再現さいげんしたそうです。大切なお祭りの日を映画撮影えいがさつえい邪魔じゃまをするわけにはいきませんからね)

 

映画「007 スペクター」ビデオブログ第4弾 メキシコ「死者の日」を再現! #007 Spectre #movie
映画「007 スペクター」制作の裏側

 

M先生
M先生

まさに演出えんしゅつとして死者の日をどんなふうに再現さいげんしたか、ということがインタビューで語られていますね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました