チャレンジ!歴史(れきし)クイズ

社会:学びのナビゲーター
       

さんかくすと文がえます

歴史れきしけよう。横浜市歴史博物館よこはましれきしはくぶつかん どものコーナー

H松
H松

そういえば、

大人おとなになってから

歴史れきしって勉強べんきょうしなくなっちゃったなあ・・・。

白衣博士
白衣博士

「ふふふ・・。そんなあなたにとっておきのサイトがあるんですよ・・。ワシの秘蔵ひぞうのサイトを紹介しょうかいしよう。」

秘蔵ひぞうとは:とっておき という意味いみ

H松
H松

え~でもこれ、横浜市よこはまし歴史れきしのクイズなんじゃないの??

白衣博士
白衣博士

視野しやせまい!!まだまだ修行しゅぎょうりぬなあ・・。このサイトは、先土器時代せんどきじだい現代げんだいまで幅広いはばひろ歴史を学べるクイズがあるのじゃ。確かに、横浜市に作られた波止場はとばの名前が「どうしてイギリス波止場と言われたの?」という、マニアックなクイズもある。しかし、このようなクイズに答えることで、身近ではないと思っていた横浜市の歴史が、意外と身近な歴史に関わっていたのか!と気づくこともできるのじゃ。クイズは文字もじを読んでクリックしてすすめる形なので、画面がめんの文字が読めればだれでも楽しめるぞい!!

H松
H松

なるほど、自分の身近ではない場所で起きた出来事であっても、その出来事が起きた理由を調べてみると自分の身近な場所に繋がっていたりするのですね。歴史というものは、ただ一か所で起きるものでなく、日本や世界のいろいろなところで起きた出来事が集まってでき上がっていくものなのですね。

白衣博士
白衣博士

(そりゃそうじゃ・・!じゃなくって)

その通り!!だからこそ、歴史にはロマンがあるし、その繋がりを「どうして?」と考えることに学びがあるのじゃ。

H松
H松

よし!!ちょっと頑張って全問正解を目指してみます!!

白衣博士
白衣博士

そうそう、その意気いきじゃ!!

めてばすタイプとはこのことじゃな・・・。


弥生時代マニアになろう。「こどもトロベーパーク」

H松
H松

白衣博士~。この前紹介して頂いた、横浜市歴史博物館よこはましれきしはくぶつかんの歴史クイズ、全問正解したんですよ~。

白衣博士
白衣博士

むむ!!もう全問正解したのか。流石じゃな。

H松
H松

それで、思ったんですけど、私、もう少し「弥生時代やよいじだい」を詳しく知りたいんです。

白衣博士
白衣博士

むむ!?おぬしも、土器どきに「ドキドキ」するタイプの人間か?土器だけに・・・。

H松
H松

そんな縄文じょうもん・・じゃなかった。冗談じょうだんはおいておいて。さっきの、横浜市歴史博物館のクイズが、弥生時代メインだったので。もう少し詳しく知りたいな~と思ったんです。

白衣博士
白衣博士

ほう。それはいい心がけじゃな。それならば、ワシの秘蔵コレクションその2を紹介しよう。静岡市の登呂遺跡のホームページ、「こどもトロベーパーク」じゃ!!

H松
H松

おお!!地元の遺跡です!!先生は私の地元をご存じだったのですか??

白衣博士
白衣博士

おぬしがいつも、「ガンダ〇」のプラモデル工場こうじょうの話ばかりするから予想がついてしまったわい!社会の知識があると、たわいもない会話から、こういう、いらぬ予想もつけられるのじゃ!!

静岡市しずおかしでは、ガンダ〇のプラモデルが作られています。プラモデルができるまでの仕事に興味がある人は、下記ホームページをご覧ください。「ガンプラができるまで」(バンダイこどもひろば)

H松
H松

あ・・それは(笑)

でも、「ガンプラ」の歴史は、さかのぼれば徳川家康とくがわいえやすによるまちづくりにも繋がっているし、静岡市民にとってはゆかりのある産業ともいえるのですよ。

って、私は弥生時代の遺跡の話をしていたんですけど!!

白衣博士
白衣博士

なんじゃ・・。そのままガンダ〇の話をして終わりかと思ったぞい。通常つうじょう三倍さんばいの速度で語ってやろうと思ったのじゃが。まあ、それはともかく。この、「こどもトロベーパーク」の中の「登呂とろムラ探検たんけんというコンテンツを見てみるんじゃ。

H松
H松

おお!これはなかなか、写真もたくさんあって、見やすいサイトですね。トロベーというキャラクターと一緒に、弥生時代のなんで?を探検できるんですね。「どうしてこうなっているんだろう?」と無邪気むじゃきにトロベーが聞いてくるんですが、大人の私でも正解が難しいです。なかなかに難問だけれど、そのあとしっかり、トロベーが説明してくれるので、「難しすぎだよコノヤロー」って気持ちにはならないですね。勉強になります。

白衣博士
白衣博士

登呂遺跡がある場所と、先ほどの横浜市の遺跡の場所では、地形や気候も違うじゃろ。同じ弥生時代の遺跡とはいえ、似ているところもあれば、違うところもある。それを比べることも、歴史の面白いところじゃ。

H松
H松

当時の人たちが持っていた技術も違いそうですね。その差を比べてみるのも面白いです。今みたいに、「こうするとマジで楽だからやってみ~」ってtwitterで日本全国につぶやける時代じゃないから、どこまでその技術ぎじゅつが伝わっていたのか、で仲の良い人が特定できそうです。

白衣博士
白衣博士

そうそう!歴史を研究している人たちは、そうやって地道じみちにコツコツと、昔の生活が分かるものを発掘はっくつして、社会のつながりを研究しているのじゃぞ。

H松
H松

遺跡を見る目も、ちょっと変わってきました。

白衣博士
白衣博士

今は博物館や資料館に行けないが、いつか前のように行けるようになったら、研究者の気分で遺跡を見て回ってみるのもよいかもしれんな。インターネットで各地の遺跡のホームページを見て、自分のノートに、気になる遺跡をまとめてみるのもおすすめじゃ。

H松
H松

マイ遺跡ノートですね!!遺跡に行ける日が楽しみになります!!

白衣博士
白衣博士

そうそう、その意気じゃ!!

いくらでも褒めて伸ばしてやろう・・。

タイトルとURLをコピーしました