フネで旅する漢字の海原(うなばら) シリーズ① いろいろなフネ

船のキャラクター 国語:学びのナビゲーター

さんかくすと文がえます

実は「まなキキ」サイトは航海(こうかい)船出(ふなで)のイメージでホームページを作っていました。
「学びの灯」は灯台、学びの「羅針盤(らしんばん)」に航海士(こうかいし)を意味する「ナビゲーター」…、そして学ぼうとするあなたが船長!と想いを込めていたりするのです。

 今回はそんな船のはなしにかこつけて、船の名前を楽しんで注目していきたいと思います。

いろいろな「フネ」

 「ふね」と聞いて、みなさんはどんな漢字を頭に想いうかべたでしょうか?
もしかしたら、「舟」と「船」の二つが思い浮かんだよ、という方が多いのではないでしょうか。

 両方とも「フネ」と発音するはずですが、何が違うんでしょう…?
しかも実は「フネ」を意味する漢字は、舟や船以外にもたくさんあるみたい。いったいどういうことなんでしょう!?

 

M先生
M先生

ちなみにサザエさん一家のおばあちゃん、サザエの母の名前がフネさんですね。夫である波平は波。
波にゆられるフネ。なんか…ちょっとお二人の仲の良さがうかがえますね…(ほのぼの)

 

 フネをあらわす漢字には、  、  、  、  、  などがあるようです。
それぞれどんな違いがあるのか?というと、そのフネのサイズや、どんな特徴を持ったフネなのか、ということによって使い分けているようなのです。

 

ボート
丸太をくりぬいて作ったような簡易的(かんいてき)な、ボートやカヌーのようなシンプルなフネは、舟。
 音読みで「シュウ」、訓読みで「ふな」「ふね」と読みます。
人力で動かすようなフネですね。川岸と川岸をつなぐ“(わた)し舟”の形に由来した象形(しょうけい)文字なのだそうです。
 一番オーソドックスなフネの原型を示すようなこの漢字は漢字を構成する「(へん)」として、フネにまつわる漢字を作っています。

 

M先生
M先生
(わた)し舟、なんて最近は日本では見ませんね。時代劇なんかでは時々出てくるような…

 

小型の船で釣りを楽しむ人
次に大きいのが艇。音読みで「テイ」と読みます。
 小型のフネのことを指し、“短艇(たんてい)”、“艦艇(かんてい)”などと使われているようです。フネの仲間だから、舟偏(ふねへん)が付いていますね。
特に漢字の右側を構成(こうせい)しているパーツ「(てい)」は「階段の前に突き出た庭」を示すものらしく、そこからフネはフネでも、「先端(せんたん)が突き出て風の抵抗を小さくした軽快(けいかい)な小船」を意味するのだそうです。

 

次に大きいのは、船。音読みで「セン」、訓読みで「ふね」とか「ふな」と読みます。
 こちらは結構広い概念(がいねん)を指すようです。小型から大型のものまでもっとも広く使われている、私たちがよく見聞きする漢字ですね。

 舟との違いは、機械(きかい)の力で進むフネである、ということ。
 ただの舟ではなく、どんなフネなのか、を示すのが、右側のパーツ。
 右側のパーツは、「二つに分かれている物の象形(しょうけい)と谷の口の象形(しょうけい)」を意味し、「川が低いところに流れる」という意味から川に沿って下る、という船という漢字が生まれたそうです。

 

M先生
M先生
「渡し舟」は川岸と川岸をつなぐようなフネだったことを考えると、ぐっと移動距離(きょり)が長くなったフネのことなんだなあ、と分かりますね。

 

大型の船。フェリー。
舶。音読みで「ハク」と読みます。
 これはフネはフネでも、大型のフネを意味するのですね。

 右側は“白”というパーツが組み合わされていますが、「(はく)」に通じる意味を持つパーツであるらしい。一泊旅行、などと言ったりしますが、その意味するところは旅先で一晩明かす、ということですよね?

 寝泊(ねとま)りして長期にわたって海を行くことができるような「大きな船」を意味する漢字、それが舶です。

 

M先生
M先生
行ってみたいな よその国…。
 「うみ」という童謡(どうよう)の作曲家は実は私が通った小学校の大先輩、井上武士(いのうえたけし)さんです。
 海なし県の群馬(ぐんま)県から「うみ」という曲は誕生したんですねぇ…
 校庭に「うみ」の歌詞が書かれた石碑(せきひ)がありました…

 

舟偏がつく漢字はまだまだたくさんありますが、最後に取り上げてみたいのは、「艦」。音読みで「カン」と読みます。

 この漢字からどんなイメージを持つでしょうか?
パーツがたくさんあって書くのが大変そう。パーツがたくさん寄り集まってできている漢字のひとつです。

 一つ一つ見てみると、右側のパーツ「(かん)」という字には、左上のパーツ「臣」が意味する「しっかり見開いた目」の象形、右上の「たらいをのぞきこむ人」の象形、下のパーツ「皿」の「水の入ったたらい」を示す象形で「(かん)」というパーツを成り立たせています。それがめぐりめぐって転じ、「檻(かん)」に通じる意味を持つことになったそう。

 「檻(かん)」とは「おり」を意味する言葉です。板で囲われた“いたがこい”や罪人や(けもの)をいれる“かこい”を意味する言葉です。
 (おり)ですから四方(しほう)(かべ)に囲まれているような作りをしているわけです。別の見かたをすれば、自分の周りに囲いがあるから、外からの攻撃(こうげき)を防ぐこともできる…!

 おりのように四面を板で囲んだ「いくさぶね」、戦闘(せんとう)用の船を意味する漢字として艦は使われるようになっています。

 

つっきー
つっきー

ちなみに教会の天井はすべて船底型になっているそうです。
それは、ノアの方舟の物語からきているとか…

 

M先生
M先生

へぇ!知らなかったよ、つっきー。教えてくれてありがとう!
漢字のひとつひとつにもエピソードがあったけれど、こうして”フネ”にまつわる物語や伝説は、まだまだたくさんありそうですね!

タイトルとURLをコピーしました