わたしの世界をひろげた本―まなナビ・リレー連載(4:Y)

さんかくすと文がえます

本日の紹介者

Yさん
Yさん

こんにちは。理科ナビゲーター・デスクのYです。本の紹介しょうかいがだんだんみ重なってきましたね。ブックリレー・4回目はわたし担当たんとうします!

K原さんの紹介しょうかいしていた「ハリーポッター」シリーズ。わたしまわりではだれもが読んでいたと言えるくらい、大人気の本でした。みなさんは読んだこと、ありますか?私はハリーポッターに詳しくなく、本でも読んでいないのですが、唯一ゆいいつ映画で見たことがあるのがK原さんの紹介しょうかいした「賢者けんじゃの石」です。ハリーポッターの世界かんにはわくわくしたなぁ。


さて、わたしからは少し短めに、自分の人生で一番好きな作品で、「自分の世界をひろげた」本を紹介しょうかいします。みなさんとはちがったジャンルの本を持ってきましたよ。

ブラック・ジャック

著者ちょしゃ:手塚治虫

サピエ 点字てんじデータ:なし サピエ デイジーデータ:あり

出版社しゅっぱんしゃ:秋田書店

出版年しゅっぱんねん:1993年

ISBNコード:978-4-253-16981-3

概要

手塚治虫てづかおさむという、医師免許めんきょを持った漫画家まんがかによるマンガです。『鉄腕てつわんアトム』『火の鳥』、数年前にアニメ化した『どろろ』なども手塚治虫てづかおさむ作品(全部面白いです)なので、名前を聞いたことがある人がいるかもしれませんね。

「マンガ?」と思った人もいるでしょう。実は、図書館にもかれるような本なのですよ。

主人公のブラック・ジャックは、医師免許めんきょを持たない「モグリ」の医者。「天才外科医」と呼ばれ素晴すばらしい技術ぎじゅつ力を持つが、彼に手術しゅじゅつをしてもらうには法外ほうがい費用ひようがかかる-そんなブラック・ジャックがさまざまな人々と出会い、治療ちりょうをしたり(時にはしなかったり)しながら、物語が進んでいきます。

1話完結かんけつの、『週刊しゅうかん少年チャンピオン』という雑誌ざっし連載れんさいされていたマンガでした。初めて掲載けいさいされたのが1973年。その後、単行本たんこうぼん文庫本ぶんこぼんになりました。いろいろなバージョンが出ていますが、私が集めているのは秋田書店の文庫本ぶんこぼん(当時一番安価あんかだったからですね)なので、こちらを紹介しょうかいします。

本との出会い

保育園の年中の頃です。母が地元の図書館でりてきていた『ブラック・ジャック』に興味きょうみを持ち、こっそり読んでいました。それまで絵本や簡単かんたんな本を読んでいた私がはじめて目にした漫画まんが。小さな字に細かな絵、そして「医療いりょう」という重たいテーマ。当時の自分にとってはとても衝撃的しょうげきてきなものでした。

そこから年長、1年生の間に、お年玉を使って自分で買ったり、誕生日たんじょうびプレゼントとしてお願いしたりして、1さつ1さつ文庫ぶんこ本を集めました。その後も症例集しょうれいしゅうやクイズ、実在じつざいの医者がブラック・ジャックの手術しゅじゅつ分析ぶんせきしたものまで、購入こうにゅうしていましたね。

この本が拡げた世界

ブラック・ジャックにあこがれて、医療いりょうたずさわりたいと考えていました。高校に入学するころまでは、医者か薬剤師やくざいしになる!と思っていました。今は、医療いりょうの道には進んでいませんが、今もあこがれの気持ちはあります。

また、マンガの良さを知ったのもここからです。(最近はそうでもないかもしれませんが)マンガを読むことを肯定的こうていてきとらえてもらえない場合もありますよね。それでも、むねを張って「マンガで学べることがたくさんある」と伝えられるようになったのは、この作品に出会ってからです。手塚治虫てづかおさむの絵にあこがれ、毎朝早起きして絵の練習をしたこともありましたよ。

教科との関連

まず、ブラック・ジャックに出会わなければ理科を好きになることはありませんでした。ここから医学に関心かんしんを持ち、生物、化学に関心かんしんを広げていきました。特に化学が好きで、新薬開発かいはつたずさわりたい!と小さなころからよく口にしていました。将来の夢になるくらい、大きな影響えいきょうを与えてくれた本です。

また、子ども向けに書かれた本ではないので、漢字がたくさん出てきます。それでもふりがながってあったので、自力じりきで読み進めることができました。いろいろな漢字が読めるようになったのも、ブラック・ジャックのおかげかもしれません。

ブラック・ジャック、そして作品に登場する医者はみな、命をすくうという行為こういに対して悩み、考え、時には後悔こうかいしながら向き合っています。医者によって判断はんだんことなることもしばしばです。

そこから、すべてのものに、必ず正解せいかいがあるわけではないということ教わりました。その上で、人生という、答えのないいに立ち向かう勇気ゆうきをくれる本だと思っています。手塚てづか作品に出会ってから、約20年。何度も何度も読み返す、人生にとって大切な作品の一つです。

タイトルとURLをコピーしました