わたしの世界をひろげた本―まなナビ・リレー連載(5:S)

       

さんかくすと文がえます

本日の紹介者

Sさん
Sさん

こんにちは、国語のナビゲーターを担当しているSです。ブックリレー・5回目は私が担当します!

Yさんの紹介しょうかいしていた「ブラック・ジャック」、私はアニメで見たことがあります。ブラック・ジャックの、人を見て、その人を本当の意味で救おうとする姿は、純粋(じゅんすい)にかっこよかったです。Yさんのおっしゃていたように「必ず正解があるわけではない」と学ぶことができるのは私も同感(どうかん)です。手術費(しゅじゅつひ)は小学生の私が想像(そうぞう)できないくらいの大金(たいきん)でしたが、ブラック・ジャックの手術(しゅじゅつ)なら当然(とうぜん)か…と納得(なっとく)していましたよ。愛くるしいピノコちゃんも大好きです!漫画版(まんがばん)は読んだことがなかったので、Yさんの紹介(しょうかい)()に、漫画(まんが)のブラック・ジャックにもふれてみたいなあと思いました!


さて、私が今回ご紹介(しょうかい)させていただく本は、思わず夜空(よぞら)に浮かぶ星を(なが)めたくなる一冊…「星の王子さま」です!

星の王子さま

著者ちょしゃ:サン=テグジュペリ

翻訳者ほんやくしゃ:河野万里子

サピエ 点字てんじデータ:あり サピエ デイジーデータ:なし

出版社しゅっぱんしゃ:新潮文庫

出版年しゅっぱんねん:2006年

ISBNコード:4-10-212204-4

概要

パイロットであり作家であったフランス人のサン=テグジュペリによって、1943年に出版(しゅっぱん)され、今なお()()がれているベストセラーです。

ある日、サハラ砂漠(さばく)不時着(ふじちゃく)してしまった飛行士(ひこうし)の「(ぼく)」は、ひとりの不思議(ふしぎ)な男の子に出会います。なんとその男の子は、1(けん)の家よりも少し小さな星から地球へとやってきた「星の王子さま」だったのです。小さな頃、大人の言葉によって夢をあきらめてしまい、次第(しだい)に子どもの頃の楽しさや探究心(たんきゅうしん)を忘れてしまった「(ぼく)」に、星の王子さまは大人になっても忘れてはいけない大切なことを(やさ)しく語りかけてくれます。

本との出会い

私がこの本を読むきっかけとなったのは、小学生5年生の芸術(げいじゅつ)鑑賞(かんしょう)教室(きょうしつ)(私の通っていた小学校では、「芸術(げいじゅつ)の秋」にちなんで10〜11月に外部(がいぶ)劇団(げきだん)合唱団(がっしょうだん)などをお呼びして舞台(ぶたい)鑑賞(かんしょう)する機会(きかい)がありました)で、影絵(かげえ)の「星の王子さま」を見たことです。

星の王子さまの素直(すなお)さと少し(はかな)いラストシーンがとても印象(いんしょう)に残り、なんとなく、これから大人になっていく過程(かてい)でこの本は私の支えになってくれる気がする!と感じました。その後図書館(としょかん)に本を借りに行き、中学生になってから自分用の新書(しんしょ)購入(こうにゅう)し、最近(さいきん)では、兄に星の王子さまの飛び出す絵本をプレゼントしてもらいました。私は星の王子さまとともに成長してきたと言っても過言(かごん)ではないです!

この本が拡げた世界

この本を読んで、目に見えていないものを想像(そうぞう)するようになりました。たとえば、友情(ゆうじょう)(あい)というものは、言葉はよく耳にするけれど、実際(じっさい)に目に見えて確認(かくにん)できるとは()(がた)いものです。この本の中ではそのことを、「本当に大切なものは目に見えない」と教えてくれます。目に見えているものだけを真実(しんじつ)だと(おも)()むべきではないこと、何事(なにごと)も心の目で見なければ、感じなければ肝心(かんじん)なことはわからないのだということを気づかせてくれました。

また、この本は、たとえ大人になっても、自分の 意識次第(いしきしだい)で「童心(どうしん)(意味:子どものような素直で純粋な心)」を心の中にもち続けることができるということも教えてくれました。私は少し子どもっぽいところがあって、直したほうがいいのかなあと思っていたのですが、この本のおかげで、「童心(どうしん)」も自分が生きていく上で支えになってくれることがあるのだと思えるようになりました。

この本は明確(めいかく)に答えや考えが書いてあるものではないので、難しく感じることがあると思います。しかし、だからこそ解釈(かいしゃく)仕方(しかた)自分自身(じぶんじしん)で考えることができると思っています。「本を読んで自分なりに考えて吸収(きゅうしゅう)する」そんな世界を拡げてくれた素敵(すてき)な一冊です。

何度(なんど)読み返しても、その(たび)ごとに新しい発見・気づき・学びがある「星の王子さま」は、私の人生の教科書です。この本は、これから先も、まだまだ私の世界を拡げてくれると確信(かくしん)しています。

教科との関連

「星の王子さま」は第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん)(ちゅう)に、サン=テグジュペリが亡命先(ぼうめいさき)のアメリカで書き上げた作品です。戦争が激しくなり、命の(とうと)さや生きることについて考え続けた彼が、後世(こうせ)にまで残してくれた貴重(きちょう)な一冊でもあります。

もともとはフランス語で書かれているこの本の日本語訳(にほんごやく)は、出版社(しゅっぱんしゃ)によって(こと)なっています。いろいろな出版社(しゅっぱんしゃ)の「星の王子さま」にふれて、自分の心にしっくりくる日本語訳(にほんごやく)表現(ひょうげん)を探してみるのも楽しいですね。

また、先ほどの紹介(しょうかい)で難しい部分があると述べましたが、それもそのはず、実は「星の王子さま」は「哲学(てつがく)」の本でもあるのです。哲学(てつがく)とは一言(ひとこと)で言うと「考えることを考える学問(がくもん)」です。身の回りの出来事(できごと)(たとえば、生きること・恋をすること・誰かと仲良くなること・仕事をすること…)について「どうして人を好きになるのかな?」「なぜ仕事をするのかな?」といったように、「なぜ?」という気持ちを大切にして、その出来事(できごと)について考え、探求(たんきゅう)し続けることなのです。考えることを考えているので、数学のようにはっきりとした答えは出てこないというのが特徴的(とくちょうてき)です。

星の王子さまは話の中で、私たちがあたりまえに思っている様々(さまざま)なことに疑問(ぎもん)(しめ)し、「なぜ?」「どうして?」と質問(しつもん)することを忘れません。あたりまえをただ受け入れるのではなく、考え続けることの大切さも教えてくれるのです。

※哲学自体について知りたい!という方にはこちらの本もおすすめしておきます。

タイトルとURLをコピーしました