学びのナビゲーター紹介(大学生M)

さんかくすと文がえます

大学生M
大学生M

はじめまして!大学生だいがくせいMです。

担当科目たんとうかもく

英語(えいご)担当(たんとう)しています。

子どものころの、おもひで(おも

(わたし)()どもの(ころ)は、近所(きんじょ)(おとこ)()一緒(いっしょ)(むし)をたくさん(つか)まえて(むし)かごに()れて(なが)めたり、ポケモンごっこをやっていました(笑) ナメクジやダンゴムシなど(にわ)にいる(むし)を、平気(へいき)素手(すで)(さわ)ったりしていました。(なつ)()んでしまった(にわ)のセミに自分(じぶん)()っているタオルをかけてあげるくらい、(むし)大好(だいす)きでした((いま)では(さわ)れもしませんが…笑)。たまに、近所(きんじょ)()5、6(にん)一緒(いっしょ)大縄(おおなわ)()びやスクーター競争(きょうそう)などもして、よく(からだ)(きず)だらけになっていた(おぼ)えがあります。こんな(ふう)(おとこ)()とばかり(あそ)んだりしていたことと地声(じごえ)(ひく)さから、近所(きんじょ)のおばちゃんには年長(ねんちょう)までずっと(おとこ)()間違(まちが)えられていたんです。スカートを()いておばあちゃんとお散歩(さんぽ)していたら、「あなたなんでスカートなんか()いてるの!?」とおばちゃんに()われて、その(とき)にずっと(わたし)のことを(おとこ)()だと(おも)っていたことが発覚(はっかく)しました(わら)

いまでも記憶きおくのこっているまな

中学生(ちゅうがくせい)高校生(こうこうせい)(とき)()った海外(かいがい)での出来事(できごと)がとても印象(いんしょう)(のこ)っています。

中学校ちゅうがっこう3年生ねんせいときったドイツ海外研修かいがいけんしゅう

(わたし)(かよ)っていた学校(がっこう)では中学(ちゅうがく)3年生(ねんせい)(ころ)学年(がくねん)全員(ぜんいん)でドイツに海外研修(かいがいけんしゅう)()くというプログラムがありました。そこで、(はじ)めてホームステイをして()れない食事(しょくじ)におなかを(くだ)してしまうこともありましたが、そこで(まな)んだのは英語(えいご)多様性(たようせい)でした。(わたし)はそれまでアメリカ英語(えいご)しか()いたことがなく、それが世界(せかい)共通(きょうつう)なのかと(おも)っていましたが、ドイツに()きドイツ()っぽい発音(はつおん)英語(えいご)(はな)(ひと)たちに(はじ)めて()って(はな)したことは、()意味(いみ)でとても刺激(しげき)になりました。さらに、ドイツでは公共(こうきょう)のトイレを使(つか)(さい)にお(かね)(はら)うという、日本(にほん)とは(こと)なった文化(ぶんか)経験(けいけん)して自分(じぶん)(くに)以外(いがい)文化(ぶんか)にも興味(きょうみ)()つようになりました。

高校生こうこうせいころった多民族国家たみんぞくこっかシンガポール

高校生(こうこうせい)(ころ)に、青少年(せいしょうねん)赤十字(せきじゅうじ)のシンガポール派遣団(はけんだん)というものに(えら)ばれて、シンガポールで現地(げんち)赤十字(せきじゅうじ)施設(しせつ)見学(けんがく)したり、シンガポールの文化(ぶんか)体験(たいけん)するという経験(けいけん)をしました。 「(まえ)だけ()ても運転(うんてん)できない。」 これは、研修(けんしゅう)最終日(さいしゅうび)のミーティングで赤十字社(せきじゅうじしゃ)社員(しゃいん)(かた)()われた言葉(ことば)です。(なに)かを(まな)ぶことは、(くるま)運転(うんてん)()ていて(まえ)だけを()るのだけでなく、たまにはバックしたり左右(さゆう)確認(かくにん)することも必要(ひつよう)である、ということを()われました。当時(とうじ)(わたし)は、(なに)興味(きょうみ)のあることが()つかると現在(げんざい)未来(みらい)だけを()傾向(けいこう)があったのですが、この言葉(ことば)現在(げんざい)(つく)っているのは過去(かこ)であり、現在(げんざい)(いた)るまでの経験(けいけん)調(しら)べることも重要(じゅよう)であること、そして(ほか)事象(じしょう)との(かか)わりも()ることも必要(ひつよう)だということを(まな)びました。この(まな)びは、(いま)でも(なに)かを調(しら)べる(とき)に、とても大切(たいせつ)にしています。シンガポールでの研修(けんしゅう)は、渡航前(とこうまえ)準備(じゅんび)やミーティングなど大変(たいへん)なことも(おお)かったのですが、(いま)(おも)(かえ)すとこの研修(けんしゅう)()たことは(わたし)の「()りたい!調(しら)べてみたい!」という感覚(かんかく)()つきっかけになっているのではないかなと(かん)じています。

出身県しゅっしんけん・おくにじまん(名物めいぶつ伝統工芸品でんとうこうげいひん紹介しょうかい

(わたし)出身地(しゅっしんち)は、横浜(よこはま)です!よくみなさんも()(とお)り、横浜(よこはま)()(ひと)は「神奈川県(かながわけん)出身(しゅっしん)」とは()いません(笑) 横浜(よこはま)には、(あか)レンガ倉庫(そうこ)などのレトロな建物(たてもの)がある一方(いっぽう)で、ランドマークタワーなどの近代的(きんだいてき)建物(たてもの)もあり、「近代的(きんだいてき)だけれどどこか(なつ)かしい雰囲気(ふんいき)のある(まち)」で一度(いちど)()たらもう一度(いちど)()たくなってしまうほどの心地(ここち)よさです!!機会(きかた)がありましたら、ぜひ横浜(よこはま)()てみてください!きっと横浜(よこはま)(とりこ)になるはずです! (※これは、横浜市(よこはまし)から依頼(いらい)()けてPRしている(わけ)ではありません。(なか)(ひと)本音(ほんね)です。)

横浜よこはま伝統工芸品でんとうこうげいひんって??

こんなにPRしたのに、(じつ)伝統工芸品(でんとうこうげいひん)についてはあまり()りませんでした(汗) なので、インターネットを使(つか)って色々(いろいろ)調(しら)べて()たところ、「横浜(よこはま)スカーフ」というものがありました。「JTCO日本伝統文化(にほんでんとうぶんか)振興機関(しんこうきかん)」によると、「(とく)(きぬ)薄地(うすじ)へのプリント技術(ぎじゅつ)世界一(せかいいち)」なんだそうです。1つ1つ手作業(てさぎょう)()めていくようで、この技術(ぎじゅつ)は「120(ねん)伝統職人芸(でんとうしょくにんげい)」なんだそうです。貿易(ぼうえき)海外(かいがい)との(かか)わりもあった横浜(よこはま)ならではの、伝統工芸品(でんとうこうげいひん)なのかもしれませんね!

横浜よこはま名物めいぶつ??

横浜(よこはま)名物(めいぶつ)といえば、崎陽軒(きようけん)のシュウマイが有名(ゆうめい)ですよね。(ほか)には有明(ありあけ)のハーバーというお菓子(かし)もあり、横浜(よこはま)駅構内(えきこうない)のコンビニにはだいたい()いてあります。さらには、野球(やきゅう)有名(ゆうめい)で、横浜(よこはま)ベイスターズという横浜(よこはま)球団(きゅうだん)をご存知(ぞんじ)(かた)(おお)いのではないでしょうか。ちなみに、(わたし)浪人生(ろうにんせい)時代(じだい)(かよ)っていた予備校(よびこう)(ちか)くのコンビニには、野球(やきゅう)試合(しあい)(はじ)まる(ころ)になると長蛇(ちょうだ)(れつ)ができたり、試合(しあい)終了(しゅうりょう)する時間帯(じかんたい)には(ちか)くの(えき)(ひと)だらけになっていたので、みんな野球(やきゅう)開始時間(かいしじかん)終了時間(しゅうりょうじかん)調(しら)べてその時間(じかん)(かさ)ならないように行動(こうどう)していました(笑) 名物(めいぶつ)はたくさんあるのですが、(わたし)(おも)横浜(よこはま)名物(めいぶつ)はアイスクリームです。意外(いがい)()らない(ひと)(おお)いのですが、横浜(よこはま)はアイスクリーム発祥(はっしょう)()なんです!明治時代(めいじじだい)馬車道(ばしゃみち)発売(はつばい)(はじめ)めたそうです。馬車道(ばしゃみち)でアイスクリームを()って、(あか)レンガ倉庫(そうこ)周辺(しゅうへん)でまったりしながら()べると格別(かくべつ)美味(おい)しいですよ!

外国がいこくからお友達ともだちたら案内あんないしたいところ

(いま)までも、留学生(りゅうがくせい)サポートなどのボランティアをしてきて、大体(だいたい)みんな「(しあわ)せのパンケーキ」を(もと)めて渋谷(しぶや)()きたいというので、それを紹介(しょうかい)したいです(笑) あとは、大仏(だいぶつ)めぐりツアーをしたいですね!(わたし)個人的(こじんてき)大仏(だいぶつ)()きなので、大仏(だいぶつ)()(かたち)などの説明(せつめい)(まじ)えて案内(あんない)してみたいなと(おも)います。ご存知(ぞんじ)(かた)(おお)いかもしれませんが、大仏(だいぶつ)はとても(おく)(ふか)いんですよ。()(かたち)表情(ひょうじょう)台座(だいざ)まで(すべ)てに意味(いみ)があり、これを何百年(なんびゃくねん)(まえ)(ひと)たちが(かんが)えていたと(おも)うと、とても感動(かんどう)しますよね!海外(かいがい)日本旅行(にほんりょこう)ガイドに()るのは、美味(おい)しい料理(りょうり)、お(てら)神社(じんじゃ)(おお)いのですが、ぜひその(なか)にある大仏(だいぶつ)にも()()けてもらいたいなと(おも)います。

画像「寝ている大仏のイラスト」大学生Mさんが特に気に入っているという、寝ている大仏のイラストです。ちなみに、横になって寝ている大仏のことを、ねはんぶつ、といいます。

英語えいご授業じゅぎょうをどんなふうにけてきたか

(わたし)はなるべく質問(しつもん)することを(かんが)えながら()いていました。これは自己満足(じこまんぞく)なのですが、先生(せんせい)に「いい質問(しつもん)ですね」と()われるのが(うれ)しかったので、(なに)不思議(ふしぎ)(おも)うことや疑問(ぎもん)(おも)うことを(かんが)えながら、先生(せんせい)(はなし)()いていたように(おも)います。受験勉強(じゅけんべんきょう)には直接(ちょくせつ)(むす)びつかないことを()いて「それは(かんが)えなくていいから」と言われることもありましたが、受験勉強(じゅけんべんきょう)(むす)びつくかに(かか)わらず質問(しつもん)していたおかげで、大学(だいがく)英語(えいご)授業(じゅぎょう)でも先生(せんせい)()っていることを理解(りかい)できていると(おも)うので、(いま)(おも)(かえ)すと(やく)()っているように(かん)じます。 あとは、わからないことを曖昧(あいまい)にしないようにしていました。()んだ英文(えいぶん)構造(こうぞう)がわからなければ、()かるまで先生(せんせい)質問(しつもん)したり調(しら)べたりするようにして、最終的(さいしゅうてき)には友達(ともだち)説明(せつめい)できるようになるまで理解(りかい)するように(つと)めていたと(おも)います。 英語(えいご)勉強方法(べんきょうほうほう)授業(じゅぎょう)()(かた)(ひと)それぞれで、自分(じぶん)()った方法(ほうほう)でやるのが()いと(おも)いますが、是非(ぜひ)「なんでだろう」「どうしてだろう」という疑問(ぎもん)や「わからない」という気持(きも)ちを大切(たいせつ)にしていただきと(おも)います。疑問(ぎもん)(おも)うことやわからないと(かん)じることは、(まった)()ずかしいことではありません。自分(じぶん)(なか)違和感(いわかん)大切(たいせつ)にしてくださいね。

座右ざゆうめい(モットー)

1.多角的(たかくてき)物事(ものごと)()

これは(だれ)名言(めいげん)でもありませんが、(わたし)(なに)かを調(しら)べるときや(だれ)かと(はな)すとき、もっと()えば人生(じんせい)において大切(たいせつ)にしていることです。(ひと)(みな)一人一人(ひとりひとり)(ちが)います。たとえ(おな)(くに)()んでいる(ひと)でも、家族(かぞく)でも(かんが)(かた)(かん)(かた)一人一人(ひとりひとり)(ちが)います。文化(ぶんか)背景(はいけい)(ちが)(ひと)はなおさら(かんが)(かた)価値観(かちかん)(こと)なります。1つの問題(もんだい)でも、それに(かか)わる立場(たちば)(ひと)、そしてその(ひと)背景(はいけい)によって問題(もんだい)()(かた)(ちが)うことを(かんが)えることは、()えない(こえ)(みみ)(かたむ)けることにも(つな)がると(おも)っているので、この(かんが)(かた)(つね)大切(たいせつ)にしています。

2.(すべ)ては(まな)びにつながっている

これも、(だれ)名言(めいげん)でもありません(笑) (わたし)人生(じんせい)何度(なんど)(こころ)()れるような経験(けいけん)をしてきました。なかでも一番(いちばん)(おお)きな挫折(ざせつ)大学受験(だいがくじゅけん)失敗(しっぱい)したことです。納得(なっとく)するところに(はい)れず、何校(なんこう)何校(なんこう)()ちました。その()浪人(ろうにん)という(みち)(えら)びましたが、正直(しょうじき)とても(つら)かったです。現役(げんえき)(とき)より()結果(けっか)()さなきゃいけないけれど、(おも)うように成績(せいせき)()びないし、でも(おや)期待(きたい)裏切(うらぎ)れないし…とたくさん(なや)みましたが、(だれ)にも相談(そうだん)できなくてとても(くる)しかったです。しかし、それがあるから(いま)大学(だいがく)での(まな)びを(たの)しむことができています。また、(すこ)(いや)なことや大変(たいへん)なことがあっても、「あれだけ大変(たいへん)時期(じき)()()えたんだから大丈夫(だいじょうぶ)」と(おも)えるようになりました。なので、()(おも)えば浪人(ろうにん)して()かったと(おも)えています。 このように、失敗(しっぱい)だったと(おも)うことでもそこから()られることはたくさんあるので、失敗(しっぱい)失敗(しっぱい)だと(おも)うのではなく、そこから(まな)姿勢(しせい)(わす)れないようにしています。

苦手にがてなところ(わたしよわみ)

プライベートと勉強べんきょうけることが苦手にがてです。勉強べんきょう自分じぶん疑問ぎもんおもっていることを調しらべるときは、とことんかんがえてなやむことを大切たいせつにしているのですが、私生活でもとことんかんがえてしまいます。友人関係ゆうじんかんけいでも、「なにいやだとおもうことってないかな」とか「本当ほんとうわたしたいしておもうことがあるけれど、わたし使つかってえていないのではないか」とかんがえてしまい、よく友人ゆうじんからは「かんがえすぎ!」としかられることがくあります。社会しゃかいこっている問題もんだいかんがえるときは、かんがえすぎるくらいが丁度ちょうどいいのかもしれませんが、それをプライベートでもやると心配しんぱいされるので、私生活しせいかつとははなしたほうがいのですが中々なかなかできません。それがわたし一番苦手いちばんにがてなことです(あせ)

わたしきな写真しゃしん写真しゃしん説明せつめい文章ぶんしょうで-

大学生M
大学生M

これは去年きょねんなつにカナダでホームステイをしたのですが、そのとき自分じぶん部屋へやからとった写真しゃしんです。なので、写真しゃしん二分にぶんいちぐらいには、ホームステイをしていたおうちにわえています。にわは、ほそ数本生すうほんはえていて、ベンチが2つまばらにいてあります。おはななどはありません。すこさびしいにわですね(わら)

この写真しゃしんよるの9ぐらいにったのですが、日本にほんでの夕方ゆうがた4くらいとおなそらあかるさでした。そらおおきなくもうすひろがっていて、その隙間すきまからまだ太陽たいようひかっていて、そらあお太陽たいようのオレンジいろざっているようなそらです。そのそらしたには街灯がいとうがついたビルなどがえます。

カナダでは、はじめて1でホームステイをして、1でボランティアにも参加さんかして、1公共こうきょう交通機関こうつうきかんを使ったのですが、最初さいしょ不安ふあん不安ふあん仕方しかたがありませんでした。しかし、このそらながめてこころかせていました。ただの夕方ゆうがたそらなのですが、わたしにとってはとてもおもぶかそらです。

写真しゃしん説明せつめいについて、Nかわさんからのコメント

大学生だいがくせいMさんのディスクリプションをんで、わたし自分じぶんはじめて一人ひとり海外渡航かいがいとこうをした、ドイツでの夏休なつやすみをおもしました。よるでもていることへのおどろき、外国語がいこくごかこまれたれない環境かんきょう自分じぶんのことをこなさなければいけない不安ふあん、そうした心配事しんぱいごとから解放かいほうされるちょっとしたしずかな時間じかん全部ぜんぶおもたります。
夕焼ゆうやけのきれいなそらすこさびしげなにわ、でもどこかあたたかみをかんじる風景ふうけいのディスクリプションには、カナダでの生活せいかつたいするたのしみや不安ふあんなど、大学生だいがくせいMさんのいろいろなおも気持きもちがまっているのだろうなとおもいました。
ちょっと私自身わたしじしんおもかさねすぎでしょうか?でも、海外かいがい一人ひとりごした日々ひびはきっとかけがえのない時間じかんになりましたよね。

Nかわさんからのコメントをうけて…

大学生M
大学生M

写真(しゃしん)説明(せつめい)できたか本当(ほんとう)自信(じしん)がなかったのですが、(つた)わっていたようで安心(あんしん)しました! った写真(しゃしん) がN(かわ)さんのご経験とも(つな) がるところがあり、とてもしかったです。海外電車ったりして一人観光するのは、とても不安勇気がいることです。しかし、その経験(けいけん)してかみに()れたり、日本文化()づいたり、()てとても()経験(けいけん)でした。

わたし作成さくせいした記事きじ登場とうじょうした記事きじ

タイトルとURLをコピーしました