国語:詩に親しんでみよう

国語(こくご)
       

さんかくすと文がえます

こちらのページでは、現役(げんえき)大学生(だいがくせい)のSさんが、()(あじ)わうことの(たの)しさについて紹介(しょうかい)します。小説(しょうせつ)などとは一味(ひとあじ)(ちが)言葉(ことば)(ひび)きを一緒(いっしょ)(さが)してみましょう!
Sさん
Sさん
おうち時間(じかん)でたくさんの(ほん)()もう!と(おも)っていたのだけれど、(むず)しい文字(もじ)ばかりの(ほん)()むのに(つか)れてしまったなあ…。あ!こんなときは、あれを()もう!

みなさんはどんな言葉(ことば)文章(ぶんしょう)()きですか?日々(ひび)生活(せいかつ)していると、たくさんの言葉(ことば)にふれることができます。自分(じぶん)(こころ)にグッとくる言葉(ことば)との出会(であ)いのきっかけは、()(まわ)りにありそうです。 おやおや?Sさんがなにか()ってきましたよ!

童話館出版 1998
Sさん
Sさん
これこれ!この詩集(ししゅう)小学生(しょうがくせい)(ころ)から()っているものなんだけれど、独特(どくとく)()(まわ)しとか言葉(ことば)のリズムとかがくせになってしまうんだ!

()ってなんだろう?

Sさんがくせになってしまうと()っている「()」とはそもそもなんでしょうか?Sさんは部屋(へや)にある学研(がっけん)現代(げんだい)(しん)国語辞典(こくごじてん)調(しら)べてみました。すると、

(こころ)()まれてくるさまざまな感情(かんじょう)思想(しそう)を、リズムをもった言語形式(げんごけいしき)(あらわ)した文学(ぶんがく)

()いてありました。
Sさん
Sさん
ふむふむ、なんとなくわかったようなわからないような…。でもとりあえず、()って

言葉(ことば)“を使()って自分(じぶん)感情(かんじょう)(かんが)えを表現(ひょうげん)できるものなんだね!だからこそ、この詩集(ししゅう)()むとなんだか(たの)しくて(こころ)()()いて、くせになってしまうんだなあ。


ここで(すこ)(こま)かい(はなし)をすると、Sさんが()んでいた詩集(ししゅう)は、「現代詩(げんだいし)」に分類(ぶんるい)されます。(おな)言葉(ことば)使(つか)()でも、形式(けいしき)時代(じだい)文体(ぶんたい)内容(ないよう)によって分類(ぶんるい)(こと)なっていたりするんですよ。印象(いんしょう)(のこ)すための効果的(こうかてき)表現技法(ひょうげんぎほう)などもあるのですが…このトピックはまた(べつ)機会(きかい)でご紹介(しょうかい)したいなと(おも)います!(こういったものを()ると、さらに()(たの)しさを(あじ)わうことができるのです。)

実際(じっさい)()()んでみよう

Sさん
Sさん
もっといろんな()()んでみたいなあ。インターネットでも()(した)しむことができるみたいだよ!
国語(こくご)教科書(きょうかしょ)でも()(あつか)われることの(おお)い、有名(ゆうめい)現代詩人(げんだいしじん)である谷川俊太郎(たにかわしゅんたろう)さんの()(たの)しむことができます!こちらでは谷川(たにかわ)さんの『たったいま』という詩集(ししゅう)(ため)()みすることもできるのでオススメです。 こちらでは『わたしと小鳥(ことり)とすずと』で有名(ゆうめい)な、大正時代(たいしょうじだい)末期(まっき)から昭和初期(しょうわしょき)にかけて活躍(かつやく)した日本(にほん)代表的(だいひょうてき)詩人(しじん)一人(ひとり)である金子(かねこ)みすずさんの()(たの)しむことができます! こちらは広島県教育委員会(ひろしまけんきょういくいいんかい)作成(さくせい)したページで、たくさんの()にふれることができます!(一部(いちぶ)ダウンロードが必要(ひつよう)作品(さくひん)もあります。音声(おんせい)()()機能(きのう)がついています。)
Sさん
Sさん
たくさんの()にふれて、()(たの)しさを(あじ)わってください!(むずか)しい気持(きも)ちで()まずに、「おもしろい()(まわ)しだなあ」とか「言葉(ことば)のリズムが心地(ここち)よいなあ」とか「なんだか自分(じぶん)気持(きも)ちと()ているなあ」などなど…。()世界(せかい)を、言葉(ことば)(ひび)きを、(たの)しんでみてくださいね!
タイトルとURLをコピーしました