きせつめぐり、ことばめぐり 10月・神無月

満月と、月見だんごと、すすきが揺れているイラスト 国語:学びのナビゲーター
       

さんかくすと文がえます

とうとう、今年もあと少しになってきてしまった!!という気持にさせられる10月。
夏の暑さも和らいで、空も高くなり、紅葉などにも心がわくわくするような季節でもありますよね。

 

さて、10月のことばめぐりをしていきましょう~

 

神無月かんなづき

 

M先生
M先生

気持ちよくスタートしたと思ったら…
神無月かんなづき」とは…神さまがいない月?!
何やら不吉‥‥。

神様、どこへ行っちゃったの??

 

…とM先生が心配していますが、神様はいなくなってしまったわけではなく、お出かけ中ということのようです。
しかも、ただのお出かけではなく神様たちの会議だというのです。

神様たちが集まるのは島根県しまねけん出雲大社いずもたいしゃだといいます。
出雲いずもの地には神様たちが逆に集まってくるので、「神在月かみありつき」と呼ぶのだとか。

 

 

神様たちが何を会議しているのか、気になりますよね。
出雲大社いずもたいしゃに集まった神様たちは、人の運命やえん(誰と誰を結婚させようか)などを話し合うのだそうです‥‥。
そんなこともあって、出雲大社いずもたいしゃ縁結えんむすびの総本山そうほんざんになっているのだそうですよ。

 

そもそも出雲大社でまつられているのは、大国主大神おおくにぬしのおおかみ
天を象徴しょうちょうする天照大神あまてらすおおかみに対して、大地を象徴しょうちょうする神様なのだそうです。
大国主大神おおくにぬしのおおかみにはたくさん子どもたちがいて、全国各地で暮らしているそうですが、一年に一度、出雲大社いずもたいしゃに戻ってきてその年の報告ほうこくや来年の相談をするようになったのだとか。ほかの神様たちも連れだって出雲いずもにやってくるようになったのが、この神無月かんなづきの会議の由来ゆらいです。

 

M先生
M先生

こうしたエピソードが紹介されているのは、『古事記こじき』。
大国主大神おおくにぬしのおおかみのエピソードで有名なのは因幡いなば白兎しろうさぎのおはなし。

 

【動く絵本】 因幡の白兎 [Hare of Inaba]

 

ちなみに、神様たちが全員出払ではらってしまうわけではないようです。
留守番るすばんをしてくれる神様が恵比寿神えびすしん。そのほかに、金毘羅神こんぴらしん竈神かまどがみ道祖神どうそしんなどがいます。

 

10月が「神無月」と呼ばれるようになった由来、分かっていただけたでしょうか。

ただし他にも、神嘗祭かんなめさいをする月という意味の「神嘗月かんなめつき」が語源ごげんとする説や、
夏の荒天こうてんがひいてかみなりが鳴らなくなる雷無月かみなしづき」、
新酒を醸成じょうせいする(かもなす)頃という「醸成月かもなしつき」などが転じたという説があるそうです。

  

M先生
M先生

どれもやっぱり言葉遊びみたいなところがありますね。
神嘗祭かんなめさい」とは、10月17日に行う宮中行事きゅうちゅうぎょうじのことで、天皇がその年の新米しんまい伊勢神宮いせじんぐうそなえる祭事さいじのことです。

 

※ 恵比寿神えびすしんについては、記事の中でもう少しくわしく説明しています!

金毘羅神こんぴらしん
もとインドの神で、仏法ぶっぽう守護しゅごする神。航海こうかいの安全を守るとされ、船人ふなびと尊崇そんすうされる。
金毘羅こんぴらさんの本拠地ほんきょち四国しこく香川県かがわけん琴平町ことひらまちにあります。昔から「讃岐さぬきのこんぴらさん」として全国的にその名が親しまれ、江戸時代には伊勢いせまつりと並び、「金毘羅参こんぴらまいり」が庶民信仰しょみんしんこうとして広まっていたそうです。

竈神かまどがみ
かまどを守護しゅごする神。奥津日子命おくつひこのみこと奥津比売命おくつひめのみことのニ神。のちに三宝荒神さんぽうこうじん混同こんどうされるようになった。
人類の歴史のうえで、火は宗教的な意味を持ちます。日本でも、かまどは火を扱うところとして神聖視しんせいしされてきました。

道祖神どうそしん
村境むらざかいとうげの)道端みちばた石像せきぞうでよくまつられ、外から来るわざわいをさえぎふせいで安全を守る神。
例えば、長野県の安曇野あずみの道祖神どうそしんが多くあることで知られていますが、悪霊あくりょう疫病えきびょうなど邪悪じゃあくなものが集落しゅうらくに入り込んでこなように、辻村境つじむらざかいとうげなどに祭られてきました。
さまざまな形をしたものがあり、道祖神どうそしんめぐりなど楽しむ人達もいるそうです。

 

衣替ころもが

さて、10月といえば、衣替ころもがえの季節でもありますね。
制服せいふくのある学校に通うみなさんは、冬服に切り替えているでしょうか?
少し気持ちが引きまって過ごすことができるかもしれませんね。

  

そんな衣替ころもがえも実は歴史があるようです。

さかのぼること平安時代、中国の習慣しゅうかんだった衣替ころもがえの儀式ぎしき、「更衣こうい」が日本に伝わって宮中行事きゅうちゅうぎょうじになったそうです。
旧暦きゅうれきの4月1日に冬服を夏服に、10月1日に夏服を冬服に着替えていたそうで、私たちの今の習慣と同じですね。

 

江戸時代は、衣替ころもがえは4回に増えていたそうです。
ですが、決して江戸時代に暮らす人たちがたくさんの着替えがあったことを意味しているわけではありません。
季節が変わると手持ちの着物をほどいて、次の季節用に仕立て直し、生地きじいたみをおさえる虫干むしぼしを行うなど手入れをしていたのだそうです。
手持ちの衣装いしょう複数ふくすうの季節で、何年も大事に着るために、衣替ころもがえは重要なメンテナンスのための行事だったのです。

 

冬の間は「綿入わたい」という表地おもてじ裏地うらじの間に綿わたが入った着物を着ます。
そして旧暦きゅうれき4月1日になると綿入わたいれの綿わたを抜いて裏地うらじ付きの春用着物のあわせに仕立て直したのだそうです。

 

M先生
M先生

めずらしい苗字みょうじとして「四月一日わたぬきさん」がいるそうです。
読み方は「わたぬき」。この衣替ころもがえの風習ふうしゅう名残なごり…「四月一日にわたを抜く」からきているのですね。

 

衣替ころもがえの風習ふうしゅう一緒いっしょに、お気に入りの服を大事に着続けていきたいですね。

 

下の動画では、きもの屋さんが着物の構造こうぞうを説明してくれています。
着物は反物たんものから作りますが、仕立てられた着物の糸をほどけば、また反物たんものに戻るのですね!
本当に大事に大事に着ものを着て、
着古した着物は子ども用の着物にリメイクされて、
さらにボロボロになったらあかちゃんのおしめになり…
最後は雑巾ぞうきん下駄げた鼻緒はなおになり、、、ととことん使い込んだそうです。

着物の構造ってどうなっている?着物が仕立て直せる理由を解説!|【洗い張り職人による着物のまめ知識】

 

 

中秋節ちゅうしゅうせつ

中秋節ちゅうしゅうせつとは、中国4大伝統祝日の一つだそうで、韓国やベトナムでも非常に大切にされている行事なのだそうです。

 

M先生
M先生

なんと3000年あまりの歴史があり、古代の月祭りまでさかのぼるのだそうです…!
中国の皇帝はかつてこの日に豊作を祈って音楽を奏で、月に祈りをささげたのだとか。
…なんだかロマンチックですね…!

 

実は、中秋節に関しては、旧暦では8月15日に実施されるもの。
新暦ではちょうど10月1日ごろになり、秋の真ん中ということで、「中秋」と名付けられているようです。

 

この日、人々はともに食事をし、灯篭とうろうに火をともしてお祝いをするのだとか。

中秋節ちゅうしょうせつの丸い月は団らんを象徴するため、このお祭りは「団らん節」とも呼ばれます。
毎年中秋節になると、人々は各地から家に帰ってきて、家族と一家団欒いっかだんらんの食卓を囲むのだそうです。

丸い形の皮の中に餡が入った中国のお菓子、月餅のイラスト

 

お月見をしたり、月祭り、月餅げっぺいを食べたり…。ブドウやリンゴ、ゆずなどもお供えして食べるそうです。
日本でも、「中秋ちゅうしょう名月めいげつ」や「十五夜じゅうごや」と呼んで月見団子つきみだんごを食べますね。

 

 

また、日本でも長崎ながさき神戸こうべ横浜よこはま中華街ちゅうかがいなどでは中秋節ちゅうしゅうせつを祝うイベントが行われたりもするそうですよ。
台湾たいわんでも、ランタンを空に飛ばすランタン祭りなど、とても幻想的げんそうてきなお祭りが、この中秋節ちゅうしゅうせつもよおされるのだそうです。

 

こんなロマンチックなお祭りです。やっぱり由来ゆらいもロマンチック??と思ったらやっぱりそのようです。
下のサイトで少し紹介されていますよ!

 

 

オクトーバーフェスト

中国発祥ちゅうごくはっしょうのお祭りにつづき、ご紹介するのはドイツのお祭りオクトーバーフェスト
これは世界最大規模せかいさんだいきぼのビール祭りです。
最近は日本でも各地で開催かいさいされるようになってきました。

このお祭りもなかなか歴史があるようで、1810年から開催かいさいされているようです。
ドイツはバイエルン地方のお祭りです。
もともとはバイエルン王子ルードヴィヒ1世と王女テレーゼの結婚のお祝い、10月祭りだったそう。
 

ディアンドルと呼ばれるドイツの民族衣装を着た女性のイラスト

地元の人たちは、オクトーバーフェストではバイエルンの民族衣装みんぞくいしょうを着るそうです
女性が着るのはディアンドル(Dirndl)と呼ばれるエプロン付きワンピースでとてもかわいい衣装いしょうです。
エプロンのむすび目は、その人の恋愛状況れんあいじょうきょうを示していたとか‥‥。
(左だと「恋人募集中こいびとぼしゅうちゅう!」、右は「恋人います/結婚してます」、真ん中「複雑ふくざつ…自分でもよくわからない」、後ろ「未亡人みぼうじん/ウェイトレス」…など。)
もともと結婚のお祝いの席だったこともあって、なんだか出会いの場でもあったのですね‥!

 

男性も民族衣装みんぞくいしょうを着ます!
シャツにレーダーホーゼと呼ばれるスエードの革ズボンをはいて、ベストやジャケットを身に着けていたとか。

バイエルンで暮らす人たちにとって、ディアンドルレーダーホーゼも、日本でいう着物のような大事な民族衣装みんぞくいしょうなのだそうですよ。

 

さて、オクトーバーフェストとは、ビール祭りですが、みなさん本当に大量にビールを飲むそうです。
1リットル入るジョッキにビールを何杯なんばいも…(多い人は6杯も飲んだりするそうです)

そもそも、ドイツのビールといえばとても有名です。
ビールは穀物こくもつから作られるので、かつて「液体えきたいのパン」として知られ、安全かつ栄養豊富えいようほうふ、手軽にカロリーを摂取せっしゅできる飲み物として定着ていちゃくし、子どもたちも飲んでいたものだったそうです。
ビールは修道院しゅうどういん醸造じょうぞうされるなど、単なるお酒以上の意味を持っていたようです。

‥‥が、日本では飲酒いんしゅは20歳から!
大人になるのを楽しみに待って、いつか味わってくださいね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました