エッセンシャルワーカ―特集:働く人への差別ってなんだ?

さんかくすと文がえます

差別さべつって、なんだろう。

差別という言葉の意味

H松
H松

みなさんは、差別さべつという言葉ことばいたことがありますか?かなしい意味合いみあいをもつ言葉ことばなので、「はじめていたよ!」というひともいるかもしれませんね。だから、まず最初さいしょに、差別さべつという言葉ことば意味いみ確認かくにんしようとおもいます。

三省堂 大辞林によると…

(1)ある基準きじゅんもとづいて、をつけて区別くべつすること。あつかいにちがいをつけること。また、そのちがい。

(2)偏見へんけん先入観せんにゅうかんなどをもとに、特定とくてい人々ひとびとたいして不利益ふりえき不平等ふびょうどうあつかいをすること。また、そのあつかい。

H松
H松

うーん、なるほどー、というかんじですね。でも、これだけでは「でも、どういうことなの?」ってちょっとおもったりしませんか?

だから、Hまつなりに、差別さべつってどういうことかを説明せつめいしてみようとおもいます。

差別さべつ区別くべつって、なにがちがうの?

さべつと、くべつ…。ちょっとているようにおもえる言葉ことばですよね。

でも、この2つの言葉ことばは、まったちが意味いみをもっています。とても簡単かんたんってしまうと、差別さべつはしてはいけないもので、区別くべつはしても社会的しゃかいてきゆるされるもののことです。

H松
H松

ここで、みなさんに質問しつもんです。

選挙せんきょにいける年齢ねんれいいま法律ほうりつで18歳以上さいいじょうめられていますが

それは、「差別さべつ」とえるでしょうか?

18歳以上さいいじょうひとだけが投票箱とうひょうばこ投票用紙とうひょうようしれて政治家せいじかえらべるなんてずるい!これはしてはいけないもので、差別さべつだ!とおもうみなさんもいるかもしれませんね。でも、その一方いっぽうで、まだ学校がっこう日本にほん政治せいじ仕組しくみをしっかりならっていないのに、だれえらんだらよいのだろう?やっぱりまだ自分投票とうひょうできないなあ…それに、18歳以上さいいじょうって法律ほうりつまっているんだからゆるされるもので、区別くべつなんじゃないの?とおもって、納得なっとくするみなさんもいるのではないかとおもいます。

H松
H松

それでは、みなさんにまた質問しつもんです。

法律ほうりつめられていなければ、「差別さべつだ!」とうことはできないのでしょうか?

たしかに、18歳以上さいいじょうという年齢ねんれい制限せいげん法律ほうりつによって決められたもので、いまはそのかた社会的しゃかいてきゆるされたかたになっています。でも、やっぱりおかしいんじゃないか?とおも意見いけんひとたちも社会しゃかいにはいます。いまはもしかしたら、そのような意見いけん少数派しょうすうは(「めずらしいことをひとだね」とまわりからわれやすいひとたち)かもしれません。しかし、法律ほうりつめられていないからといって、差別さべつだ!ということができなければ、ずっとこのさきも、選挙せんきょ年齢ねんれいは18歳以上さいいじょうというかたになってしまいます。

世界せかい歴史れきしけてみると、かつて、「めずらしいことをひとだね」と社会しゃかいからわれたひとたちが、差別さべつ区別くべつ基準きじゅんえ、法律ほうりつえ、社会しゃかいそのものをえたれいがありました。たとえば、アメリカの公民権運動こうみんけんうんどうわれる運動うんどうがそのれいひとつです。

はだいろによって、かよ学校がっこうを「区別くべつ」することは「差別さべつ」なんじゃないの??と必死ひっしうったえたひとたちの歴史れきしが、くにを、法律ほうりつをを、そして世界せかいのあたりまえをえた歴史れきしがあったんです。

なにゆるされるかたで、なにゆるされないかたなのか。差別さべつという問題もんだいかんがえるときには、どうしてそのようなかたただしいとおもうのかという理由りゆうを、みんなではなうのをあきらめないことが、社会しゃかいをもっとよくする方法ほうほうなのかなあ…とHまつおもっています。

公民権運動こうみんけんうんどうについては、また後日ごじつ、まなキキの社会しゃかいのナビゲーターページでご紹介しょうかいしようとおもいます!記事きじたのしみにおちください!

差別さべつ一言ひとことでいうけれど…。

はたらひと差別さべつかんがえたときに、差別さべつとみんながっていることには、じつ種類しゅるいがあります。直接差別ちょくせつさべつわれている差別さべつと、間接差別かんせつさべつわれている差別さべつです。日本にほんでは、性別せいべつ障害しょうがい・そのひとしんじていること(宗教しゅうきょうなど)・年齢ねんれい社会的しゃかいてき立場たちば人種じんしゅ国籍こくせきかんし、はたら場所ばしょでの差別さべつ禁止きんしする法律ほうりつがそれぞれさだめられています。

直接差別

その発言はつげん行動こうどう差別さべつかったうえで、わざとそのひと不利ふりになるようなことをする差別さべつのことをいいます。

たとえば、「おまえはCOVID-19になったひとおおくに出身しゅっしんだから、会社かいしゃなかわたし近寄ちかよるな!」というような言葉ことばをかけたひとがいたとしたら、それは直接差別ちょくせつをしたということになります。

※この言葉ことばをかけたひとは、日本にほん法律ほうりつ労働基準法第3条ろうどうきじゅんほうだいさんじょう)によって「法律違反ほうりついはん!」になります。

間接差別

差別さべつするつもりはなかったけれど、その行為こうい結果けっかとして差別さべつになってしまった差別さべつのことをいいます。

たとえば、ハキハキはたらいてくれるひと募集ぼしゅうしたいなあとかんがえた社長しゃちょうさんが、実際じっさい会社かいしゃ仕事しごとでははたらひとおも荷物にもつはこぶことはないにもかかわらず、「おも荷物にもつはこべるひとはきっとハキハキはたらいてくれるひとだろう!」とおもって、「よし、うちの会社かいしゃてもらうひと条件じょうけんを、おも荷物にもつはこべるひととしよう!」とめ、「おも荷物にもつはこべるひと募集ぼしゅうします」としてしまった場合ばあいが、間接差別かんせつさべつにあたります。社長しゃちょうさんには、おも荷物にもつはこべないひと拒否きょひするつもりはなかったとしても、結果的けっかてきに、おも荷物にもつはこべないひとが「わたしはこの仕事しごと応募おうぼできないんだな…」とおもってしまって、そのひとじつはものすごくハキハキしているひとであったとしても、その社長しゃちょうさんの会社かいしゃ仕事しごとくことができなくなってしまうからです。

日本にほん法律ほうりつでは、間接差別かんせつさべつかんがかた明記めいきされているのは、男女だんじょちがいによる職業差別しょくぎょうさべつ禁止きんしをさだめている法律ほうりつ男女雇用機会均等法だんじょこようきかいきんとうほう)のみです。

店員てんいんさんを、おきゃくさんの「ひどい言葉ことば」からまも法律ほうりつってないの?

店員てんいんさんに「ひどい言葉ことば」をげかけて、かなしいおもいをさせることをカスタマーハラスメントといいます。今回こんかい、エッセンシャルワーカ―のひとたちがおきゃくさんから「ひどい言葉ことば」をげかけられたことも、カスタマーハラスメントといってよいとHまつおもいます。

でも、残念ざんねんながら、いま日本にほんにはカスタマーハラスメントを直接ちょくせつまる法律ほうりつはありません。ただし、日本にほん会社かいしゃには、はたらいているひと元気げんきかつ安全あんぜんはたらけるようにしなければならないという義務ぎむ安全配慮義務あんぜんはいりょぎむ、といいます)があります。店員てんいんさんがはたらいている会社かいしゃがしっかりと対策たいさくかんがえて、店員てんいんさんをそのような「ひどい言葉ことば」からまもることがのぞましいとする意見いけん厚生労働省こうせいろうどうしょうからされているのですが…。これはおねがいであって、すべての会社かいしゃがそうしなければいけないというものではありません。

一緒いっしょ仕事しごとをしているひとからけた「ひどい言葉ことば」から店員てんいんさんをまもってくれる法律ほうりつはあっても、おきゃくさんからけた「ひどい言葉ことば」から店員てんいんさんを直接ちょくせつまもってくれる法律ほうりつはないというのが現状げんじょうなのです。きっと、このことは法律ほうりつあんつくっている大人おとなたちも「なんとかしなければ!」といままさに、真剣しんけんかんがえてくださっているのではないかとおもいます。

H松
H松

法律ほうりつではまだ直接ちょくせつまもることができないにしても

いまわたしたちができることってないのかなあ…。

ウイルスをこわがることと、差別さべつをすることについて。

日本赤十字社にほんせきじゅうじしゃさんが、4がつにこんなビデオを公開こうかいしました。

いまだからこそ、みなさんにもう一度いちどてほしいなとおもいます。

動画をみてみよう。

動画どうが日本赤十字社にほんせきじゅうじしゃ「ウイルスのつぎにやってくるもの」(残念ざんねんながら、すべてのセリフに字幕じまくはありませんが、大事だいじなキーワードのみ、字幕じまくはいっています)

【日本赤十字社】「ウイルスの次にやってくるもの」
H松
H松

動画どうがをみて、どんなおもいになったでしょうか?

緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげん解除かいじょされ、だんだんともと生活せいかつがもどってきたいまだからこそ、COVID-19をただしくって、証拠しょうこのないうわさにおびえることなく、っていく姿勢しせい大切たいせつにしていかなければならないなと、Hまつおもっています。

ウイルスのつぎにやってくるものは、差別さべつわれる行動こうどうをそそのかしてしまいがちです。だからこそ、大人おとなどもも、みんながこのことをすこしでもあたま片隅かたすみにおいて、けてほしいなとおもうのです。

つぎのページは…お・ま・け。

タイトルとURLをコピーしました