「学びの危機(まなキキ)」Counter Learning Crisis Project

CLCのロゴ
       

さんかくすと文がえます

ようこそ「まなキキ」へ

 この「まなキキ」では、みなさんがたのしくまなべる情報じょうほうそろえました。

 2020ねん、みなさんの、障害しょうがいのあるどもたちの、そしてわたしたちすべての「まなび」は、一番いちばん最初さいしょに「うばわれ」ました。
 長期化ちょうきかする休校きゅうこう郵送ゆうそうされる自習じしゅうプリント、急速きゅうそくに進むオンライン……。みなさんは、「まなぶこと」に不安ふあん疑問ぎもんをもってはいませんか? 学校がっこうはいずれ再開さいかいするでしょう。しかし、その不安ふあん疑問ぎもん解消かいしょうされないままで、みんな、ふたたび真剣しんけんに「まなぶ」ことにうことができるのでしょうか。本当ほんとうに「まなび」をもどすことができるのでしょうか。

 「まなぶこと」は、そんなに、最初さいしょうばわわれたり、かろんじられたりするようなものではないはずです。そこで津田塾大学つだじゅくだいがく大学生だいがくせい大学院生だいがくいんせい先輩方せんぱいがたあつまって、「まなび」たい児童じどう生徒せいとたち、さらに障害しょうがいがあったり、事情じじょうがあってまなびにくいどもたちも、「好奇心こうきしんをもって自主的じしゅてきまなぶこと」に役立やくだてられる情報じょうほうを、みなさんと共有きょうゆうできるサイトを運営うんえいしています。ぜひこのサイトの情報じょうほう活用かつようして、たのしく真剣しんけんに「まなぶ」ことに挑戦ちょうせんしてみてください。この社会しゃかい未来みらいは、みなさんの「まなび」にこそかかっています。

まなキキ 更新情報こうしんじょうほう

  • 8月15日
    英語:英語圏で通じないカタカナ語
    アルバイト、オルゴール、ドイツ……これって英語で何て言う?
    日本に増え続けるカタカナ語の由来ゆらいを追いかけると、日本と海外のつながりを発見できました。
    記事はこちら。「英語圏で通じないカタカナ語」
  • 8月13日
    国語:言葉でつなぐ、つながっていく③ 文字の持つ不思議ー表記の仕方と文体
    皆さんは文章を読んでいて、なぜえて漢字/ひらがな/カタカナで書くの???と疑問ぎもんに思ったことはありませんか?
    山月記さんげつきで有名な中島敦なかじまあつしさんや「ゴゴゴゴ」を通じて考えます。「ん?」と思った方はぜひのぞいてみてくださいね
    記事はこちら。「言葉でつなぐ、つながっていく③ 文字の持つ不思議ー表記の仕方と文体」
  • 8月12日
    まなナビ・ブックレビューリレー5.Sさん
    ブックレビューも連載れんさい5回目!思わず夜空に浮かぶ星をながめたくなる一冊をSさんが紹介してくださっています!
    記事はこちら。「ブックレビュー5.Sさん篇」

らせバックナンバーを

このサイトの使(つか)(かた)

サイト上部に検索エリアを設けています。ご活用ください。

サイトマップはこちら

以下は記事カテゴリの説明です。各カテゴリへのリンクはサイトマップを参照してください。

「メッセージ」
 私(わたし)たち、津田塾大学(つだじゅくだいがく)(まな)びの危機(きき)プロジェクト(Counter Learning Crisis Project)」からのメッセージです。
 このサイトの方針(ほうしん)(くわ)しい使(つか)(かた)についても()いてあります。

英語(えいご)国語(こくご)算数(さんすう)数学(すうがく)理科(りか)社会(しゃかい)
 自分(じぶん)(まな)んでみたい教科(きょうか)分類(ぶんるい)されて、(やく)()つサイトが紹介(しょうかい)されています。

  • 「おすすめリンク(しゅう)
     好奇心(こうきしん)刺激(しげき)してくれる、一風変(いっぷうか)わったリンク(しゅう)です。おすすめの理由(りゆう)とともに、障害(しょうがい)事情(じじょう)がある(ひと)活用(かつよう)するさいのアドバイスもあります。
  • (まな)びのナビゲーター」
     (いま)だからこそ、この教科(きょうか)だからこそ、こうやって(まな)んでみよう!という、大学生(だいがくせい)からのユニークな「(まな)方提案(かたていあん)」ページです。
  • 「エッセンシャルワーカーありがとう特集(とくしゅう)
     「社会(しゃかい)(まな)び」では、(いま)(わたし)たちの社会(しゃかい)のために(たたか)っている(ひと)たちを()り、応援(おうえん)するページを開設(かいせつ)しています。

(まな)びの羅針盤(らしんばん)
 オンラインで、在宅(ざいたく)勉強(べんきょう)するときに、()っているとちょっと便利(べんり)な、テクニック(しゅう)です。障害(しょうがい)事情(じじょう)がある()どもに便利(べんり)なリンクもあります。

  • 機嫌(きげん)勉強(べんきょう)のススメ
     オンラインだから、自宅学習(じたくがくしゅう)だから、と不安(ふあん)(おも)っている人向(ひとむ)けの「ちょっといい知識(ちしき)(しゅう)です。
  • デジタル時代じだいの「生活せいかつヒント」障害者版しょうがいしゃばん
     障害(しょうがい)のある方々(かたがた)中心(ちゅうしん)に、PCやオンラインでの(まな)(かた)役立(やくだ)情報(じょうほう)(あつ)めています。

Counter Learning Crisis Projectについて

 Covid-19による長期休校(ちょうききゅうこう)は、()どもたち、(とく)障害(しょうがい)があったり(まな)ぶことが困難(こんなん)だったりする()どもたちにとっての「学習(がくしゅう)」の意味(いみ)、それへの意欲(いよく)に、(おお)きな影響(えいきょう)(あた)えているのではないか、と(わたし)たちは(かんが)えました。本当(ほんとう)にそうなら、この影響(えいきょう)は、緊急事態(きんきゅうじたい)がさり学校(がっこう)再開(さいかい)されても、(のこ)(つづ)けるでしょう。

 Counter Learning Crisis Project((まな)びの危機(きき):まなキキプロジェクト)は、現在起(げんざいお)こっているのは「現在(げんざい)社会危機(しゃかいきき)以上(いじょう)に、()どもたちをめぐる「未来(みらい)危機(きき)」なのではないかと(かんが)え、その状況把握得(じょうきょうはあく)分析(ぶんせき)とともに、大学生(だいがくせい)大学院生(だいがくいんせい)から協力(きょうりょく)()て、その克服(こくふく)挑戦(ちょうせん)するプロジェクトです。津田塾大学(つだじゅくだいがく)インクルーシブ教育支援室(きょういくしえんしつ)有志(ゆうし)開設(かいせつ)した「Learning Crisis研究会(けんきゅうかい)」によって運営(うんえい)されています。

注意事項(ちゅういじこう)

 このサイトは、現在(げんざい)、「まなキキ」プロジェクトによって製作中(せいさくちゅう)です。まだ未完成(みかんせい)のところが(おお)いのですが、緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)長期化(ちょうきか)休校(きゅうこう)長期化(ちょうきか)にともない、一部(いちぶ)だけも障害(しょうがい)のある()どもたち、ご家庭(かてい)、そしてすべての「この危機(きき)()けず、(まな)びを()(もど)したい」()どもたちに(とど)けたいと、部分公開(ぶぶんこうかい)()()っています。不完全(ふかんぜん)なところが多々(たた)ありますが、できるだけ正確(せいかく)情報更新(じょうほうこうしん)につとめていきますので、なにとぞご理解(りかい)いただけますと(さいわい)いです。

 緊急事態(きんきゅうじたい)(つづ)(かぎ)り、サイトの情報(じょうほう)はどんどん更新(こうしん)されますので、ぜひご都合(つごう)のよい(とき)にご(らん)ください。なお、(ほん)サイトの紹介(しょうかい)ページからは、有益(ゆうえき)情報(じょうほう)がある外部(がいぶ)にリンクさせていただいております。リンク(さき)での閲覧利用条件(えつらんりようじょうけん)などは、すべてリンク(さき)(したが)います。()どもたちにできるだけ安全(あんぜん)なサイトのみを掲載(けいさい)していますが、完全(かんぜん)ではないことがありますので、保護者(ほごしゃ)責任者(せきにんしゃ)監督(かんとく)確認(かくにん)をお(ねが)いいたします。リンク(さき)のみなさま、および(ほん)サイトご利用(りよう)のみなさまで、ご質問(しつもん)改善提案(かいぜんていあん)などがありましたら、遠慮(えんりょ)なくお()()わせください。

()ども・保護者(ほごしゃ)関係機関(かんけいきかん) 臨時相談窓口(りんじそうだんまどぐち)

 「Learning Crisis」研究会(けんきゅうかい)では、現在(げんざい)の「(まな)び」に不安(ふあん)をもっている(かた)()ども、保護者(ほごしゃ)、および学校(がっこう)先生方(せんせいがた)など教育機関(きょういくきかん)関係機関(かんけいきかん)からの個別相談(こべつそうだん)を、臨時(りんじ)()()けています。対応(たいおう)は、津田塾大学(つだじゅくだいがく)インクルーシブ教育支援室(きょういくしえんしつ)のスタッフが輪番(りんばん)(つと)めていますが、すぐに対応(たいおう)できない場合(ばあい)もありますので、ご了承(りょうしょう)ください。

電話番号(でんわばんごう):090ー5551ー9272 (ーを-にしてください。)受付時間(うけつけじかん) 10:00〜15:00
メール:inclusive_events@tsuda.ac.jp (全角(ぜんかく)@を半角(はんかく)@に変更(へんこう)してください)
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/TsudaIES/

()()わせ(さき) (サイト運営者(うんえいしゃ)ほか)

(まな)びの危機(きき)」(まなキキ) Counter Learning Crisis Project
「Learning Crisis」研究会(けんきゅうかい)
津田塾大学(つだじゅくだいがく)インクルーシブ教育支援室(きょういくしえんしつ) (ない)

連絡先(れんらくさき)
〒 187-8577 東京都小平市津田町(とうきょうとこだいらしつだまち)2-1-1 津田塾大学(つだじゅくだいがく)インクルーシブ教育支援室(きょういくしえんしつ)
電話(でんわ):042ー342ー5417((ほん)プロジェクト専用(せんよう)留守電対応中(るすでんたいおうちゅう)。ーを-に()えてください。お(いそ)ぎの(かた)はメールか、上記(じょうき)の「()ども・保護者(ほごしゃ)関係者専用(かんけいしゃせんよう) 相談窓口(そうだんまどぐち)」に直接(ちょくせつ)おかけください。)
メール:inclusive_events@tsuda.ac.jp (全角(ぜんかく)@を半角(はんかく)@に変更(へんこう)してください)
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/TsudaIES/

 このプロジェクトは、上記(じょうき)「Learning Crisis」研究会(けんきゅうかい)によって運営(うんえい)されています。また同研究会(どうけんきゅうかい)は、津田塾大学(つだじゅくだいがく)私学研究(しがくけんきゅう)ブランディング事業(じぎょう)社会的(しゃかいてき)インクルージョン基盤(きばん)」の研究活動(けんきゅうかつどう)一環(いっかん)として実施(じっし)されています。プロジェクト、研究会(けんきゅうかい)にご関心(かんしん)をお()ちの(かた)のお()()わせも、お()ちしております。

タイトルとURLをコピーしました