(3)スマホの利用等について

さんかくすと文がえます

Tips記事一覧と目次

Wi-Fiで通信できるかどうか確認する

このサイトに()っている教材のページにアクセスする際、スマートフォンを使ってインターネットを閲覧(えつらん)するよという方もいらっしゃるかと思います。その際、重要になってくるのは、スマホのデータ通信容量の問題です。初期の設定では、多くの方が3G回線もしくは4G回線の設定でスマートフォンを使っていると思います。この場合、Softbankやdocomoやauなど、お使いのキャリア(スマホ会社)の契約(けいやく)によっては、通信量制限(一日にアクセスできるデータ量の制限)がかかってしまって、通信が(おそ)くなってしまうことがあります。自宅にWi-Fiがある場合には、できるだけWi-Fiの回線に切り()えて使用しましょう。

【Wi-Fi設定の仕方:アンドロイド(iPhoneではないスマホ)】

Softbankさんの「[スマートフォン]Wi-Fiの設定方法を教えてください。」に詳しい紹介があります。

【Wi-Fi設定の仕方:iPhone】

Appleさんの「iPhone、iPad、iPod touch で Wi-Fi に接続する」に詳しい紹介があります。

メモをとるのが面倒(めんどう)だったらカメラや録音機能を使う。

パソコンで勉強をしていて、ノートに文字を書き写すことも多いと思います。でも、重要だなと思ったことをず~っとメモしていたら、手が痛くなってしまいますね。そんな時、助けになってくれるのが、スマホのカメラ機能や録音機能です。メモしたいと思った部分を写真として残したり、録音(iPhoneの場合はボイスメモ)で音として残すということも一つの手段です。ただし、そのデータをサイトを作った人の許可なしに他の人に渡したり、加工したりしてはいけません。あくまで利用は自分の勉強用にとどめましょう。

また、プリントの内容をデータ化し、文字起こしをするのにもiPhoneは便利な機能を持っています。精度はそこそこですが全部手書きで気合を入れて書く必要はないのです。やり方については、iPhoneWaveさんのページ「iPhoneのメモで書類をスキャンする」に詳しい紹介があります。

スマホ首にならないように・・・。

画面が小さなスマートフォンを見ていると、ついつい、猫背(ねこぜ)(前かがみ)になりがちです。夢中になって勉強していたら、「うーん。なんだか、首が(いた)い・・?」と感じることもあるかもしれません。スマホを使って勉強するとき、ちょっと(つか)れたなと感じたら、ストレッチをして首の筋肉(きんにく)に「お(つか)れさま」と言いましょう。ストレッチのやり方については、WOMAN SMART ビューティーさんのページ「「スマホ首」ストレッチ 肩こり・首こり・猫背も解消」に詳しい紹介があります。

また、もしも近所に100円ショップがあって、お父さんやお母さんに買い物を(たの)めそうだったら、スマートフォンスタンドを買ってきてもらいましょう。机の上で長い時間、動画を見るとき、スマートフォンスタンドがあるととても便利です。「勉強に使います」と言えば、普段はなかなか許してくれないお父さんやお母さんが、「いいよ」と言ってくれる・・・はずです。

タイトルとURLをコピーしました