(6)セキュリティ

       

さんかくすと文がえます

Tips記事一覧と目次

広告について

インターネット上には、広告がたくさんあります。検索結果の上位に表示されるものや、ニュース記事に()け込んでいるものには、必ず、「広告」と表示されています。一方で、悪質な広告がネット上に(まぎ)れ込んでいる場合もあります。これらは、広告と見せかけずに近づいてくることがあります。私たち人間は、「安い」「期間限定」「何万円もらえる」などという言葉に弱いです。悪質な広告は、このような弱みをターゲットとして(ねら)ってきます。信じて良いものなのか、自己責任で判断しなければなりません。サイト上に出てきたものをむやみにクリックしない、ということが大切です。詳しくは、消費生活センターさんが出している「ネット広告をめぐる消費者トラブル」をよく読み、(だま)されないようにしましょう。

ウイルスに気をつけて

現実世界でも、ウイルスは私たち人間を(おびや)かしていますが、コンピュータの世界にもウイルスは(ひそ)んでいます。意図(いと)しないうちにウイルスに感染(かんせん)していることもあり得ます。感染(かんせん)経路は、様々です。中でも、メールやインターネットの使用について、注意しておきたいことをまとめました。
メール:知らない人からのメールを開かないようにしましょう。学習サイトに会員登録をすると、メールが頻繁(ひんぱん)にくるかもしれません。相手をしっかり確認してから開くように心がけましょう。URLやファイルも安易(あんい)に開かないよう、気をつけましょう。
インターネット:インターネット上には、悪質なサイトが(まぎ)れています。見るからに悪質な出会い系サイトのみならず、一見良さそうに見えるサイトも悪質なものである可能性があります。これらを開くだけで、ウイルスに感染(かんせん)させてしまうことがあります。しっかり注意しましょう。

防ぎようのないといえばそうなのですが、気を付けられることからやっていきましょう。インターネットを使用する前には、スパイウェアやウイルスから守る設定をしましょう。使用機器の設定、ウイルス対策ソフトのダウンロードが必須(ひっす)です。ウイルス対策ソフトを選ぶ時も、注意が必要です。対策するためにインストールしたはずが、逆にウイルスを持ち込まれるということもあるようです。詳しくは、総務省「ウイルスに感染しないために」をよく読み、ウイルス感染(かんせん)を防止しましょう。     

タイトルとURLをコピーしました